シグマクシス、投資助言・代理企業の 買収・子会社化の契約を締結

PR TIMES / 2014年8月14日 16時45分

M&A戦略策定、アドバイザリー(実行)、PMIまでをワンストップで提供



 株式会社シグマクシス(本社:東京都港区、代表取締役会長兼社長:倉重 英樹、コード番号:6088 東証マザーズ、以下 シグマクシス)は、2014年8月14日、投資助言・代理業を行うT-Modelインベストメント株式会社(以下「T-Model社」という)の株式を取得し、子会社化することを目的とする株式譲渡契約を締結しました。同子会社は、シグマクシスの100%子会社として、2014年10月1日より新体制で営業を開始する予定です。

 シグマクシスは2008年の設立以来、M&A戦略策定、M&Aアドバイザリーサービス、ビジネス・デューデリジェンス、そしてPMI(Post Merger Integration:経営統合)等、国内外企業のM&A支援を数多く手掛けてまいりました。この度、投資助言・代理業で登録済みのT-Model社を子会社化することで、新たな収益機会となる、有価証券等の価値算定サービス、並びにそれら価値に関する助言サービス等の業務遂行が同社を通じて可能になります。

 M&Aは企業にとって戦略実現の大きな選択肢となっていますが、実現スピードと経営統合の成否がその成果を左右します。シグマクシスは、金融機関および投資銀行出身者、そして経営コンサルティングのプロフェッショナルによって構成されるチームで新子会社を活用し、グループ全体でM&A戦略立案、M&Aアドバイザリー(実行)、そしてPMIまでをワンストップで支援することで、企業の経営スピードおよび競争力向上に貢献してまいります。


■新子会社のサービス内容(2014年10月1日事業開始予定)
・ フィナンシャル・アドバイザリー・サービス
・ 財務・税務デューデリジェンス・サービス
・ 価値算定サービス
・ 鑑定書(Appraisal, Comprehensive Valuation)
・ 適正意見書(Fairness Opinion)
・ 評価報告書(Valuation)
・ 計算報告書(Simplified Valuation)

なお、上記価値算定サービスで支援可能な事案は下記の通り
・ M&A(有価証券等評価)
・ 組織再編(事業並びに子会社株式評価)
・ 第三者割当増資・新株予約権(ストックオプションを含む)
・ 現物出資、DES・擬似DES、現物配当その他の資本取引
・ 株式公開(IPO)
・ 株式非公開化(MBO)
・ 四半期決算/年度決算(金融商品の時価評価、監査対応支援等) 等

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング