最も“へそくり”が上手いのは30代女性!? 既婚者の約2人に1人は“へそくり”貯蓄中・銀行預金、現金、定番の方法に加え、9割は「電子マネー」が“へそくり”向きと回答

PR TIMES / 2014年8月21日 10時26分

賢くへそくりが使える!「au WALLET」でお得サイクル

 KDDI株式会社は、このたび、20代~40代の既婚男女500名を対象とした「既婚男女の“へそくり”に関する意識・実態調査」をおこないました。



◆ “へそくり”方法、支持率1位は「銀行預金」…いちばん“へそくり”をしているのは30代女性!

 これまでに“へそくり※1”の経験があるか聞いたところ、48%と約2人に1人が“へそくり”をしたことがあると回答しました。年代・性別ごとに見ると、“へそくり”経験者が最も多いのは30代女性で、その割合は63%であったほか、全ての年代で男性よりも女性の方が“へそくり”経験者が多いことが明らかになりました。
 “へそくり”を現在している人を対象として、実際にどのような形態で“へそくり”をしているか調べたところ、支持率1位の“へそくり方法”は「銀行預金(普通預金)」(57%)、2位は「現金」(54%)、3位は「銀行口座(定期預金)」(28%)と、定番の方法が並びました。ほかには、「証券・株式」(9%)や「電子マネー」(8%)などもあがり、現金以外の方法を取り入れている人もいるようです。
※1 へそくり:配偶者、家族に内訳・使用実態やその存在を明かしていないお金


◆ 半数が「自分のお小遣いのため」と回答、女性の“へそくり”の方が見つかりにくいのはナゼ?

 なぜ“へそくり”をしているのかについて深掘りをすると、最も多かった理由は、「自分のお小遣いのため(自由に使えるお金がほしいため)」(54%)。ほかの回答と大きく差をつけ、半数もの人が自分のために“へそくり”をしていると回答しています。それ以外では、「もしものときの備えのため」(42%)、「結婚したため」(29%)など、家族や自分自身のライフステージの変化に備えるためという理由が多数あがっていました。
 現在貯めている“へそくり”の金額を聞くと、1万円から数百万円までと金額は幅広く、中には1,000万円以上という回答も集まりました。ちなみに、“へそくり”で気になるのが、配偶者や家族などにその存在が見つからないかということ。今回の調査では、28%と約3人に1人が「見つかってしまった経験がある」と答えています。ただ、男女差が出る結果となり、女性は見つかってしまった経験がある人が全体で25%なのに対して、男性は32%。“へそくり”経験者と同じく、最も上手く隠しているのは30代女性で、見つかってしまったことがある人はわずか16%という結果となりました。ちなみに、数百万円と高額の“へそくり”をしている人の中には、「ネットバンクに預けているので、通帳もないしばれにくいと思う。何かあったときのためにお守りのような気持ちで貯めている。」(36歳・女性・会社員)と見つからない自信をのぞかせた女性がいる一方で、「同じネット銀行のはがきが2枚来たことで、妻も同方法で“へそくり”をしていることが分かった。」(29歳・男性・会社員)といった、“へそくり”の方法が夫婦同じとなって裏目に出てしまったというコメントも寄せられています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング