~安全靴メーカーが作った安全靴専用靴下~安全靴を履いて働く人のために、快適性と耐久性向上を考えて作った「強(ツヨ)フィットソックス」に新色とショートタイプが新登場

PR TIMES / 2014年9月19日 14時41分

作業者の悩みを解決!専用靴下を開発

ミドリ安全.comは、安全靴専用靴下「強(ツヨ)フィットソックス」に新色と、新たに「ショートタイプ」を追加し、2014年9月19日(金)より販売を開始しました。



安全靴や作業着等を販売する通販サイト、ミドリ安全.com( http://midori-anzen.com/ )は、安全靴専用靴下「強(ツヨ)フィットソックス」に新色と、新たに「ショートタイプ」を追加し、2014年9月19日(金)より販売を開始いたしました。

強フィットソックス 商品紹介ページ:http://ec.midori-anzen.com/shop/event/event.aspx?event=a171_001

■安全靴は靴下が破れやすい!?
作業者の足を守る「安全靴」には落下物などから指先を守るため、指先部分に鋼製(こうせい)や樹脂製の「先芯(サキシン)」が入れられています。この先芯やカカト部分(アキレス腱部)が靴下と摩擦して、靴下が破けてしまうケースがあり、作業者の悩みの種の一つでした。

対策として、軍手と同様の技法で作られた「軍足(軍用靴下)」を利用しているユーザーも多いですが、数回の使用で破けてしまうケースもあり、安全靴ユーザーからは、高い耐久性を持つ安全靴専用の靴下を望む声が多く寄せられていました。


指先を守る「先芯」(左)との摩擦で靴下のつま先が破けてしまうケースが多い


■作業者の悩みを解決!専用靴下を開発
そこで当社では破けの原因を研究し、安全靴専用の破けにくい靴下「強フィットソックス」を開発いたしました。
一番破けやすいつま先部(爪部分)と、履き口が擦れる事で破れやすいカカト部(アキレス腱部)の材料に「耐摩耗ナイロン」を使う事で、破けにくい靴下を実現させることができました。

さらに、速乾性や衛生面に優れ、季節を問わず快適な着用感を実現する「中空ポリエステル原綿」を身生地に採用、ズレ防止構造と足裏部パイル地の相乗効果で、履き心地も向上させました。
また、国内生産ですので安心の品質です。

この度、ご要望を頂いておりました夏場や高温多湿な職場に最適な「ショートタイプ」を新たに追加。レギュラータイプには「新色」を加え、ラインナップの充実を図りました。

ショートタイプ新登場!


レギュラータイプも新色3種

特徴1.耐久性
「耐摩耗ナイロン」使用で、摩擦試験3,000回をクリア
破れやすいつま先とアキレス腱部分には、破れにくい「耐摩耗ナイロン」を使用。一般財団法人日本繊維製品品質技術センターにて、3,000回以上の耐摩耗試験をクリアし、高い耐久性を実現しています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング