10月19日は「孫の日」! 「忘れないで」「電話して」「手紙を書いて」…孫への要望が多い“ばあば”のホンネは「将来は孫に頼りたい」!? 【孫に関する調査】

PR TIMES / 2014年10月10日 15時56分

~株式会社ゆこゆこ 孫の日にちなんだ「孫に関する調査」~

シニア向け宿泊予約サービスを提供する株式会社ゆこゆこ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:萩原浩二)
は、当社運営の宿泊予約サイト「ゆこゆこネット」の50代以上のメールマガジン会員1,160人を対象に、10月19日
の「孫の日」にちなんで、孫に関する調査を実施しました。





<「孫に関する調査」調査結果ダイジェスト>

■「孫にどう見られたいか」について
・男性は「物知り」「威厳がある」など“内面”、女性は「若い」「きれい」など“外見”を気にしている

■「将来孫にしてほしいこと」について
・「忘れないでいてほしい」「電話がほしい」「手紙がほしい」など、女性は孫への要望が多い

■「孫からの呼ばれ方」について
・女性は約4割が「ばあば」。「○○(名前)ちゃん」と呼ばれる人も1割弱

■イマドキ祖父母と孫の関係性に迫る!孫にまつわるエピソード
・「探し回って妖怪ウォッチグッズを購入」「孫達が楽しく集える家にリフォーム」…最近孫のためにしたこと
・「2020年東京オリンピックの開会式観戦」「孫の運転でドライブ」…これから孫といっしょにしたいこと

■【有識者の見解】祖父母にとって、孫との関わりは“未来への思い出作り”
(NPO法人 孫育て・ニッポン 理事長  ぼうだ あきこ氏)
現代の祖父母は「孫といっしょに過ごす時間」に喜びを感じ、「孫の心に残る存在」でありたい
・“孫との絆を深める仕掛け”が孫ビジネスのカギに


<調査結果>
■「孫にどう見られたいか」について:男女とも半数以上が、「親しみ」のある「やさしい」祖父母だと思われたい。 男性は「物知り」「威厳がある」など“内面”、女性は「若い」「きれい」など“外見”を意識


【孫は自分をどんなふうに見ていると思うか】を聞いたところ、「やさしい」(男性52.0%、女性52.8%)が最多で、次いで「親しみがある」「元気」でした。また、【孫にどんなふうに見られたいと思うか】を聞いたところ、男女ともに「親しみがある」(男性53.1%、女性63.3%)が最多で、次いで「やさしい」「元気」でした。
「親しみがある」の項目において、【孫はどう見ていると思うか】で男性37.2%、女性43.2%に対し、【孫にどう見られたいか】では男性53.1%、女性63.3%とそれぞれ大きく差が開き、“孫にもっと親しみを持たれたい”という祖父母の気持ちがうかがえました。
【孫にどんなふうに見られたいか】の問いには、男性は「なんでも知っている、物知り」「威厳がある」など“内面”について、女性は「若い」「かわいい、きれい」など“外見”についての項目がそれぞれ選ばれており、男女の意識の差が見られました。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング