良質な温泉とおもてなしで心身ともに癒され健康に 冬のおすすめ「かかりつけ湯」情報

PR TIMES / 2014年12月17日 16時58分

健康増進プログラムや冬の郷土食を提供する宿のご紹介/「伊豆文学ウォーキング」開催のご案内

寒さがひとしお身にしみる冬が到来しました。色彩感あふれる自然に恵まれた静岡県の伊豆には、寒さや日々の疲れで消耗した心身を癒す温泉宿「かかりつけ湯」が点在しています。
「かかりつけ湯」とは、静岡県の関連団体「ファルマバレーセンター」が選定した、健康増進や癒しのための伊豆の温泉宿ネットワークです。主な選定基準は「良質な温泉」と「おもてなし」の2項目。1つめの「良質な温泉」については、泉質・湯量・浴槽の管理まで、徹底した情報開示をしています。源泉かけ流し・循環式と形式を問わず、これらの情報をファルマバレーセンターが観測して質を保っています。もう1つの「おもてなし」については、各施設が自らの信念に則り趣向をこらしたものを提供しています。温泉を利用した健康増進プログラムや宿泊客の要望に応じたきめ細やかな食事を提供する宿、極力おかまいせず宿泊料金を徹底して下げた宿など、その形は様々です。

 



これらの「かかりつけ湯」を有する静岡県は、平成22年に厚生労働省が行った調査において女性全国1位(75.32歳)・男性全国2位(71.68歳)の健康寿命(※)を誇る日本一の健康自治体です。この健康寿命の高さを支える要因には、地場の食材が豊富な食生活(農林水産物の生産品目数1,143品目)などが挙げられます。「かかりつけ湯」認定の宿には、地場の食材を使用しながら低カロリー・減塩で健康に配慮した食事を提供する施設や、天城で生まれた健康プログラム「天城流湯治法」を提供する施設があります。
今回は静岡県の健康長寿の秘訣を知ることができる、食にこだわる宿と特徴的な健康プログラムを提供する宿を厳選してご紹介します。

※健康寿命とは:日常的に介護を必要としないで、自立した生活ができる生存期間のこと。
数値の出典:厚生労働科学研究費補助金「健康寿命における将来予測と生活習慣病対策の費用対効果に関する研究」

≪かかりつけ湯の特徴≫
1.良質な温泉
泉質・湯量・浴槽の管理まで、徹底した情報開示をしています。温泉の泉質、かけ流し・循環式等の区分、浴槽の管理等の内容を施設ごとに公開しています。
施設の現地に行かなくても、事前にお湯の情報入手が可能です。

2.おもてなし
下記の「食」・「料」・「健」・「癒」のうち、少なくとも一つ以上の特徴で宿泊客に癒しと健康増進を提供しています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング