『エンディングミュージック』演奏の育成スクール、夏期短期コーススタート

PR TIMES / 2015年7月15日 10時40分

主婦の副業として人気、相談依頼が月100件に!

15年前から「葬儀での生演奏者」育成事業を展開している株式会社アーツ・オフィスは、2015年7月15日より、お盆に向けた夏期限定の特別プランとして、葬儀で流す音楽「エンディングミュージック」の生演奏者を短期間で育成する「エンディングミュージック奏者・短期育成コース」をスタートいたします。



[画像: http://prtimes.jp/i/13929/2/resize/d13929-2-284015-0.jpg ]



「お葬式での生演奏」専門の育成スクール
生前葬、家族葬、法事、一周忌でのニーズ高まる

「エンディングミュージック奏者・短期育成コース」は、子供の頃ピアノを習っていた経験のある主婦の方などを対象に、曲を葬儀風にアレンジして演奏することができるようになる最短1ヶ月間のプログラムです。
葬儀の生演奏者は、短時間のお仕事で数万円の報酬が手に入ることもあり人気が高まっており、当スクールではそんな生演奏者を育成するために、演奏だけでなく、葬儀でのマナーなど実践的な内容を丁寧に指導していきます。

少子高齢化によりお葬式の回数は大きく増加し“終活”と言った言葉も浸透してくる中、家族葬や生前葬など、本人や親族の「こだわり」を盛り込む葬儀へのニーズが徐々に増えてきました。
しかし結婚式の場で生演奏を披露するブライダル演奏はすでに認知されていますが、「お葬式で生演奏」は需要とは裏腹にまだ広く知られていないため、さらなるニーズの増加を予想しております。


葬儀で「アナ雪」「ハードロック」「ボカロ」…etc
人気のヒミツは、リクエストにこたえる“葬式風アレンジ”!

弊社の「お葬式の生演奏サービス」がご好評をいただいているヒミツは、お客様のリクエストに応えてあらゆるジャンルの曲を“お葬式風”にアレンジして演奏するテクニックです。
当日の葬儀中に流したい曲のリストを事前にいただき、それを“葬儀風にアレンジ”して生演奏をします。1曲をリピートし続ける場合もあれば、20曲近くのこだわりの曲リストを作成してこられるお客様などご依頼は様々。ピアノやエレクトーン、ハープなど、あらゆる楽器を使って優しい音色で葬儀を演出いたします。
最近では、「アナ雪」のような話題曲から、通常のお葬式ではイメージしづらい「ハードロック」や「ゲーム音楽」「プロレスの入場曲」「ボカロ」など、「対応できない曲はない」と言い切れるくらい、幅広い要望に応えられることが弊社の強みです。


スクール生の60%が専業主婦!
短時間でお手軽に稼げるのが魅力

当スクールに通う生徒の60%が専業主婦の方々。
日中の空いた時間を利用して習いに訪れる方が多く、さらに葬儀演奏のお仕事も日中が多く、1~2時間という短時間で5千円~数万円ほどの報酬(※葬儀の内容や規模により変動)がもらえるとあって、主婦の副業としても人気が高まっているのです。

【スクール内容】
・ピアノ、エレクトーン、ハープなど、演奏の基礎
・曲の葬儀風アレンジの弾き方
・葬儀でのマナー研修
・最終テスト
など。

【株式会社アーツ・オフィス 業務内容】
葬儀・ブライダル・その他様々なイベントでの演奏者の派遣を行っており、中でも葬儀の演奏者派遣は業界を先駆けて開始し、演奏者育成にも力を入れています。演奏楽器はピアノ・弦楽・管楽器・ハープ・コーラス・ヴォーカルなど。

〈会社概要〉
会 社 名 :株式会社アーツ・オフィス
住   所 :〒160-0022 東京都新宿区新宿2-1-7 3F
電 話 :03-3225-4786
F A X :03-3225-4755
U R L : http://www.art-office.net/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング