オールLED化実現!日々の暮らしから、まさかの停電まで 国土交通大臣認定取得 LED非常用照明器具 新登場

PR TIMES / 2015年11月5日 11時10分



http://www.MitsubishiElectric.co.jp/lightingfixture/emergency/advantage_01.html

 三菱電機株式会社は、国土交通大臣認定を取得したLED非常用照明器具をこの度、発売しました。(LED専用形低天井用8月31日発売、その他は10月30日発売)
現状の建築基準法告示では、非常用照明器具の光源は「白熱灯」と「蛍光灯」に限定されています。しかし、近年LED照明の開発が進み、高効率、長寿命といった特長を中心に普及が急速に進んでいく中、国土交通大臣認定を取得することにより非常用光源にLEDを使用することが可能となりました。(一財)日本建築センターの性能評価、国土交通大臣認定、(一社)日本照明工業会の非常用照明器具自主評定を受けた製品が「国土交通大臣認定」として発売可能で、この度、当社の該当製品は認定を取得し、販売を開始いたしました。

三菱電機のLED照明は日々の暮らしや様々なシーンを彩るだけでなく、まさかの非常時の照明にもご利用頂けます。オールLED化の実現にむけて、三菱電機のLED照明は今後さらにラインアップの充実を図っていきます。


LED非常用照明器具 電池内蔵型 LED専用形/直管LEDランプ搭載形
・LED専用形直付形(小形タイプ)
・LED専用形埋込形
・直管LEDランプ搭載形

[画像1: http://prtimes.jp/i/14653/2/resize/d14653-2-410797-1.jpg ]

[画像2: http://prtimes.jp/i/14653/2/resize/d14653-2-101262-2.jpg ]

[画像3: http://prtimes.jp/i/14653/2/resize/d14653-2-274229-3.jpg ]




LED専用形非常用照明器具(平常時消灯・非常時LED点灯)の特長


1.100~242Vまでの電圧に対応
 LED専用形(ミニハロゲン相当)で定格電圧100~242Vを実現。
 200Vリニューアルで兼用形(蛍光灯)から専用形への変更が容易に。

2.30~35%サイズダウン! コンパクトサイズの直付形(小形タイプ)
 LED化により、従来ミニハロゲン器具と比べ、直径で約30~35%*のコンパクト化を実現。
 *EL-CB20011において
[画像4: http://prtimes.jp/i/14653/2/resize/d14653-2-383092-5.jpg ]

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング