環境保護誓約「パラオ・プレッジ」 広告賞「カンヌライオンズ」の新部門“持続可能な開発目標”のグランプリ受賞で大統領が国連に受賞報告

PR TIMES / 2018年8月6日 14時1分



[画像: https://prtimes.jp/i/30506/2/resize/d30506-2-996756-0.jpg ]

世界初の環境保護誓約である「パラオ・プレッジ(Palau Pledge)」は、世界最大級の広告賞「2018年カンヌライオンズ国際クリエイティビティ・フェスティバル」(6月18日~6月22日、以下 カンヌライオンズ)において、今年から加わった新部門SDG(Sustainable Development Goals)部門を含む3部門でグランプリを受賞しました。パラオ共和国のレメンゲサウ大統領は7月中旬、国連本部にてその受賞の報告会を行いました。

パラオ・プレッジは世界初の環境保護誓約であり、パラオに入国するすべての旅行者に、パラオの子供たちのためにパラオの環境を守るよう、入国前にこの誓約への署名を義務付ける取り組みです。旅行者はパスポートにスタンプが押され、そこに自ら署名します。パラオの環境保全のメッセージを伝えるため、オーストラリアのコミュニケーションエージェンシーのHost / Havas、パラオ政府、およびマーケティングの専門家による有志のローカルグループのパラオ・レガシー・プロジェクト※1と共同で設立しました。

SDGとは貧困に終止符を打ち、地球を保護し、世界中の場所を問わず、すべての人が平和と豊かさを享受できるように2015年に国連が掲げた17の行動目標です。国連の呼びかけによって、多くの企業や市民団体が主導となりSDGへの参画を始めています。今年からSDG部門が加わったことも、国連に賛同した電通など世界の6大広告・マーケティング企業のパートナーシップにより実現しました。今回のカンヌライオンズには世界の名立たるグローバル企業であるアップル、ナイキ、P&Gやオーストラリア観光局をはじめ全部門において32,372もの企業からエントリーがあり、その中で人口2万人の小国パラオ共和国のパラオ・プレッジが7部門で受賞しました。その7部門には、SDG部門のグランプリのほか、カンヌライオンズで最高峰といわれるチタニウム部門のグランプリ、およびダイレクト部門でのグランプリ受賞が含まれます。

カンヌライオンズの受賞に伴い、SDG部門の審査員長 Mark Tutssel氏は「審査の上で良い“広告”ではなく良い“行い”を探していた。パラオ・プレッジはアイデアが大きく、新鮮でありながら現地の文化や伝統に基づく参加型のキャンペーンである。実に美しくプラン、実行され、しかも奥深く、可能性に秘めている。」 と述べました。また、国連のアウトリーチディレクターMaher Nasser氏は「SDGは世界中の全ての人、地球、繁栄、平和とパートナーシップを目指す。パラオ・プレッジはその全ての要素を持ち、グローバル市民として目指しているその精神を讃えたい。」と述べました。

国連の報告会にはレメンゲサウ大統領はじめとしたパラオ・レガシー・プロジェクトチームが出席、レメンゲサウ大統領は出席した会議にて次のように述べました。「観光というビジネスは2枚刃にもなりやすい、経済活動を通して繁栄できる反面、管理できないと美しい自然やエコシステム、また文化や伝統を破壊してしまうほど大きな影響力を持つ。パラオ・プレッジは観光客としてきてくださる客人にパラオの自然と文化を一緒に守り、その美しく豊な自然を未来の子供たちに残す、という画期的なキャンペーンである。 —中略— 世界で13番目に小さな国の大統領としてできるのはスケールを大きく緊急性を持つこと。そうでなければ加速し続ける気候変動、資源や食料や水問題、グローバル化する問題に対応できない。だからこそ、政府と民間、慈善事業や団体とが一体となって進まなければ問題解決の糸口が見つからないのだ。(パスポートに)私はサインした。ぜひ、皆さんも参画して欲しい。」

今後、パラオ・レガシー・プロジェクトは国連の専門機関UNWTO(国連世界観光機関)と連携して環境と観光に関わる取り組みを実施予定です。また、パラオ国内のビジネスコミュニティーと共にビジネス認定プログラムを開発し、国内の経済活動の活性化や観光客へのサービス向上を目指していきます。


※1 パラオ・レガシー・プロジェクト
パラオの独自の伝統と文化の継承、観光資源を守り、国として繁栄することを目的に有志で立ち上げたプロジェクト。マーケティングやコミュニケーションの活用を通して環境・海洋問題、世界の子供が生まれ持った「継承すべき権利」を守るために活動を続けています。発足時にパラオ在住でグローバルマーケティングコミュニケーションのバックグランドを持つ4名がボランティアグループとして設立、大統領のファースト・レディであるデビー・レメンゲサウ(Debbie Rememgesau)が議長を務めます。

パラオ共和国について
パラオは、自然・文化ともにその普遍的価値を認められた世界でも数少ないユネスコの世界複合遺産登録35カ国のうちの1つです。
⚫ 面積: 488平方キロメートル(屋久島とほぼ同じ)、領海はフランスの国土ほどある海洋立国
⚫ 首都: マルキョク
⚫ 人口: 約2.1万人 (2013年)
⚫ 民族:ミクロネシア系 (中国、アメリカ、日本などの多民族も移住している)
⚫ 年間来訪者数 : 約16万人(そのうち日本人は約3.7万人)

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング