ティーバッグで楽しむ、厳選された国産オーガニックティー <HYDRAL YOGA TEA>

PR TIMES / 2018年3月27日 10時1分

新商品 発売記念・ティーバッグにまつわる美味しい情報をたくさんお届けします。

ミシュラン星付きレストランにも採用されている、上質な国産オーガニックティー・ブランド、HYDRAL YOGA TEA(ハイドラルヨガティー)から、3種のティーバッグ商品が登場。本物のティーを手軽にお楽しみいただけます。



[画像1: https://prtimes.jp/i/30656/2/resize/d30656-2-490413-11.jpg ]

<もくじ>
・新商品のご紹介
・ティーバッグ 誕生の秘密
・どうしたらティーバッグでも美味しくて、本格的なティーをいれられるの?
・飲んだ後の簡単おうちエステ活用法?



新商品のご紹介


畑で摘まれた茶葉は、水で洗わずにそのまま工場で加工されて製品となり、お客様に届きます。果物や野菜のように、皮をむいてから口にするものではないので、残留化学農薬も気になるところ。

HYDRAL YOGA TEAの茶葉は、40年以上オーガニック環境にある山の中で、化学農薬・除草剤・殺虫剤を一切使用せずに栽培されました。有機JAS認定を取得しています。
[画像2: https://prtimes.jp/i/30656/2/resize/d30656-2-669727-4.jpg ]


そんな上質なティーをまず手軽に試してみたい、オフィスで手間なく飲みたい…などのご要望には欠かせないティーバッグを新たに発売。国内でたった約2%のみの茶葉の中から厳選した、本物の国産オーガニックティーを、三角形のティーバッグでお楽しみいただけるようになりました。


<美しい生活によりそう3種のティー>
[画像3: https://prtimes.jp/i/30656/2/resize/d30656-2-247124-6.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/30656/2/resize/d30656-2-480111-1.jpg ]

1. Japanese Breakfast Tea
   (有機抹茶&煎茶ブレンド)

抹茶や緑茶のビタミンCは、レモンやほうれん草の約3~4倍。コラーゲンの生成作用があり、肌にハリをもたらし、シワ対策に効果的と言われています。カテキンでアンチエイジング対策や、アレルギー対策、消臭効果で口臭のケアにも。深い香りを胸いっぱい吸い込み、目覚めの良い朝で、理想的な1日を演出しましょう。
[画像5: https://prtimes.jp/i/30656/2/resize/d30656-2-425932-7.jpg ]

[画像6: https://prtimes.jp/i/30656/2/resize/d30656-2-469344-2.jpg ]

2. Japanese Black Tea
  (有機紅茶)

紅茶ポリフェノールの抗酸化作用で、美肌とアンチエイジング効果が期待できます。新陳代謝を促し、老廃物が排出されやすくなるため、むくみの予防にも。GABAやテアニンで、イライラをしずめて、落ち着かせてくれます。疲れを癒し、上質な集中力を発揮したい時にも。苦味渋味が出にくい、お砂糖いらずのやさしいティー。
[画像7: https://prtimes.jp/i/30656/2/resize/d30656-2-269652-8.jpg ]

[画像8: https://prtimes.jp/i/30656/2/resize/d30656-2-332113-3.jpg ]

3. Japanese Zen Tea
   (有機玄米&ほうじ茶ブレンド)

香ばしい香り成分であるピラジンには、体を温めたり、リラックス効果があります。玄米には便秘解消に必要な「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」が多く含まれ、外皮に含まれるフィチンには、体内の有害物質のデトックスに効果があると言われています。ほっこりと癒されるアロマで、夜までゆるりと美肌を育てましょう。


<ティーバッグの形状>
お湯の中で茶葉が動き回る「ジャンピング」を起こすことで、そのティー本来のうま味をより引き出すことができると言われています。茶葉が十分に動くスペースを作るように、大きめ又は三角形(テトラポット型)の袋が最近多くなりました。ハイドラルヨガティーのティーバッグにも、テトラポット型を採用しています。
[画像9: https://prtimes.jp/i/30656/2/resize/d30656-2-850744-9.jpg ]




ティーバッグはなぜ誕生したの?


「当初のティーバッグの目的はサンプル用で、販売用ではありませんでした。」

1896年にイギリス人がティーバッグの特許をロンドンで取得しましたが、伝統を重んじるイギリス文化ではあまり受け入れられませんでした。その頃20世紀初めにアメリカ人の茶商人が、コストを抑えるために茶葉のサンプルを絹の布に包み小売店へ送っていました。

試してもらい注文を取るというスタイルでしたが、注文されたのは茶葉でなく絹の袋の方でした。それがヒントになり、1杯分の茶葉を入れて売ることを思いついたのでした。利便性や効率を重視し、新しいものも受け入れるというアメリカで大変普及しました。そして今ではご存知の通り、世界中で活躍しています。


どうしたらティーバッグでも美味しくて、本格的なティーをいれられるの?


ティーバッグはただお湯にいれて数分待つというシンプルな作り方に、ちょっとした気配りをするだけで味・香りが格段に華やいできます。3つのコツをご紹介します。

1. 温度を守る一手間

ルースタイプでも同じことですが、ティーバッグの場合もあらかじめカップやポットを温めておいた方が香りが豊かになると言われています。
*温度の低いお湯でいれる緑茶の場合はする必要はありません。

2. 温度を保つ工夫

十分に茶葉を蒸らすため、カップにお湯とティーバッグを入れたら「フタ」をしましょう。
小皿をひっくり返して使ってもいいですし、シリコン製のカップ用フタでもいいです。

3. 雑味を出さないために

ようやく出来上がり!というところで、ティーバッグでぐるぐるかき回したり、バッグをギュッと絞って取り出してはいけません。2、3回ゆらゆらと揺らしたら、やさしく絞らずに取り除きましょう。


*ティーバッグは1杯用として開発されたものです。しかし弊社のティーバッグは2煎目も美味しく頂けるものです。(1煎目の後、お湯をちゃんと切って置いておきます。しかしぎゅっと絞らないで下さい。)

[画像10: https://prtimes.jp/i/30656/2/resize/d30656-2-288514-10.jpg ]



飲んだ後の簡単おうちエステ活用法とは?


カラダの内側からキレイに整えたら、外側からのケアにも是非ご活用ください。オーガニックティーだからお肌につけても安心です。

・目のパックに
泣ける映画を観てしまった日や、飲みすぎてしまった次の日の、むくんだ目には「紅茶のアイパック」をしましょう。タンニンは炎症を抑えてくれ、むくみに効果があると言われます。

・顔のパックに
部分的な顔のパックとしてオススメなのが「緑茶のティーパック」です。抗酸化作用や殺菌作用があり、ビタミン類も豊富なので、ニキビや肌荒れが気になる部分にパックするだけで簡単ケアに。

(目・顔パックの作り方:使い終わったティーバッグの水分を拭き取ってから、ビニールなどに入れて冷蔵庫で冷やしておきます。それを気になるところに約10分のせてパックし、洗顔をするだけ。)

他にも、緑茶でやわ肌&美白効果が期待できる入浴剤として、紅茶やほうじ茶は髪の艶ケアとして活用することもできます。


その他情報


◆販売開始
2018年3月末発売予定

◆販売店舗
・公式ウェブサイト( http://yogatea.tokyo)
・お取引先店舗

[画像11: https://prtimes.jp/i/30656/2/resize/d30656-2-781071-0.jpg ]

◆ブランド情報
HYDRAL YOGA TEAは、厳選した国産のオーガニック茶葉を取り扱うティーブランド。有機JAS認定を取得した茶葉以外は使用していません。

カラダを作る3大要素を「水(液体)」「風(気体)」「土(個体)」と考え、私たちはその中の1つである「水」のエレメントについて“上質なお茶”を提案していくことで「風」「土」や精神的にも良い効果を期待できると信じています。

◆Hydral Tea Tokyo株式会社 会社概要
公式ウェブ: http://yogatea.tokyo
メール:contact@yogatea.tokyo
〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町36-1 山和渋谷ビル7階

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング