次世代ブロックチェーン IOST、満を持してテストネット v0.5 「Everest」をローンチ!

PR TIMES / 2018年6月29日 13時1分

非中央集権型経済におけるセキュリティとスケーラビリティのニーズを満たす超高TPSブロックチェーン・インフラストラクチャの基盤構築へ前進

2018年6月29日、次世代ブロックチェーンIOSTはテストネットv0.5「Everest」を一般に公開しました。このEverestではスループットテストとして、PoBコンセンサス・エンジンを搭載したテストネットノード・インスタンスを最大6つのシャードに配置し、毎秒7,000~8,000トランザクションの平均スループットを達成しています。年末のメインネットのローンチまでに2度以上のメジャーなアップデートも予定しています。



[画像1: https://prtimes.jp/i/35258/2/resize/d35258-2-920815-0.jpg ]


IOSTの使命は、世界中のオンライン・サービスプロバイダの将来の基盤となるアーキテクチャとなることです。私たちは、非中央集権型経済におけるセキュリティとスケーラビリティのニーズを満たす超高TPSブロックチェーン・インフラストラクチャの基盤を築いています。

ブロックチェーン技術の大規模で実用的な利用をサポートすることを目指すグローバルなプロジェクトとして、私たちが現実世界の条件下で製品をテストすることは重要です。そのため、開発チーム全員がIOST テストネット v0.5 「Everest」を一般に公開することを嬉しく思っており、また今年末までのメインネットの完全リリースに向けた旅を始めることに非常にワクワクしています。

ぜひ私たちのテストネットEverestを色々お試しください。ローンチと同時にその上でプレイすることができるシンプルなスマートコントラクトのベッティングゲームも提供していますので、ぜひ遊んでみてください。

Everest v0.5の特徴:


IOSTコンセンサス「Proof of Believability」稼働
ユーザーにテストネットトークンを提供するファウセット
トークンを保管して送信するウォレット
IOST テストネットノードを実行する能力
トランザクションとブロックを表示するブロックチェーン・エクスプローラ
プライベートIOSTテストネットワークを構築
キーバリュー・ペアストレージ、コントラクト間APIコール、マルチシグを備えたスマートコントラクト・システム
コードを素早く記述して配布するためのAPI指向のスマートコントラクト
スマートコントラクトをローカルでテストするスマートコントラクト「プレイグラウンド」
テストネット上で稼働する「ラッキーベット」ゲーム
リアルタイム監視メトリックとアラートの送信
世界中(東京、ロンドン、シンガポール、ムンバイ、フランクフルト、ソウル、モントリオール)に展開されているノードで稼働する実際のネットワーク環境に導入

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング