佃煮の老舗 神宗は、生姜からショウガオール成分を引き出した新商品「神宗の生姜」を発売。減塩商品も同時リリース。健康に寄り添った佃煮を、毎日の食卓へ。

PR TIMES / 2018年9月7日 12時1分

大阪の淀屋橋本店、全国の百貨店にて2018年9月1日(土)より販売開始

天明元年(1781)創業。株式会社 神宗(本社:大阪府大阪市中央区高麗橋、代表取締役社長:小山鍾平)は、ショウガオール成分を含んだ新商品「神宗の生姜」を2018年9月1日より発売しました。「神宗の生姜」は、国産生姜を独自の佃煮製法でじっくり5時間加熱することで、旨味を残しながらショウガオール成分を引き出しました。冷えが気になる方や寒い季節には、温かいご飯とともにぜひ食卓に並べたい一品です。



[画像1: https://prtimes.jp/i/36772/2/resize/d36772-2-785201-2.jpg ]


■健やかな毎日を食卓から
天明元年(1781)、海産物問屋として創業以来、神宗は品質と味覚の向上一筋に精進を重ね、水産加工品等をつくり続けてきました。より美味しく、より安心して食べてほしい。その思いは、これまで以上に、食べる人の身体を思いやる商品づくりにつながりました。「神宗の生姜」シリーズでは、伝統的な技法を用いて、健やかな毎日を手助けする食材に着目。塩分を気にされる方に向けた減塩タイプもご用意しました。あなたに寄り添う新しい神宗を、ぜひご賞味ください。


■「神宗の生姜」の特徴
伝統的な佃煮製法によって、ショウガオールを引き出しました
生姜は、生の状態に熱を加えると体を温めると言われる「ショウガオール」成分をつくり出します。神宗は長年研鑽を続けてきた佃煮の製法で国産生姜をじっくり5時間加熱。旨味を残しながらショウガオールを含んだ「神宗の生姜」が誕生しました。


[画像2: https://prtimes.jp/i/36772/2/resize/d36772-2-439182-5.jpg ]




一食分で、生姜汁約25杯分のショウガオールを取り入れられます
健康のために毎日生姜を食べたい、でもたくさんの量はちょっと......という方でもご安心ください。「神宗の生姜」は、一食分(約10g)で一般的な生姜湯の約25杯分のショウガオールを取り入れることができます。また、昆布や鰹節などの出汁で炊いた生姜はそれだけでも十分な旨味があり、ご飯にもよく合うので、食事の愉しみがふくらみます。

[画像3: https://prtimes.jp/i/36772/2/resize/d36772-2-569889-0.jpg ]




塩分が気になる方に、安心の減塩タイプもご用意しました。
神宗の生姜【しめじ入り・減塩】では、【昆布入り】に比べてナトリウム50%減(食塩相当量3.43g/100g)を実現しました。塩分が気になる方も安心してお楽しみいただけます。






[商品概要]2018年9月1日(土)より販売開始


[画像4: https://prtimes.jp/i/36772/2/resize/d36772-2-263993-3.jpg ]


○神宗の生姜【昆布入り】※期間限定品
スライスした国産生姜を伝統的な佃煮の製法で5時間じっくり加熱しました。旨味を残しながら、100gあたり15mgのショウガオールを含有。生姜のピリッとした辛さがご飯とよく合い食欲をそそります。
・税込1,080円/本体1,000円
・内容量 180g


[画像5: https://prtimes.jp/i/36772/2/resize/d36772-2-425461-4.jpg ]


○神宗の生姜【しめじ入り・減塩】
千切りにした国産生姜をしめじと一緒に炊き上げました。素材の旨味を生かし、塩分控えめでも味わい豊かな生姜佃煮に仕上げました。【昆布入り】に比べてナトリウムを50%(食塩相当量3.43g/100g)減らしました。
・税込1,080円/本体1,000円
・内容量 140g


「神宗の生姜」商品サイトはこちら
https://kansou.co.jp/shouga/


■会社概要
会社名:株式会社 神宗
創業:天明元年(1781年)
代表取締役社長:小山 鐘平
事業内容:佃煮製造販売
本社・淀屋橋本店:〒541-0043 大阪府大阪市中央区高麗橋3-4-10
TEL:06-6201-2700(代)
グループ企業:株式会社 宗達
HP: https://kansou.co.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング