LEDスポットライトTUTU(ツツ)シリーズにφ40タイプを投入

PR TIMES / 2019年8月30日 23時40分

コンパクトボディで、必要とされる明るさを確保

ウシオエンターテインメントホールディングス株式会社(東京都中央区/代表取締役:牛尾 志朗)の子会社であるウシオライティング株式会社(東京都中央区/代表取締役社長:中森克己、以下「ウシオライティング」)は、マックスレイブランドのLEDスポットライト「TUTU(ツツ)シリーズ」に、コンパクト性と明るさを兼ね備えた「TUTUφ40」をラインアップに加え、8月30日(金)から販売開始することをお知らせします。



[画像: https://prtimes.jp/i/45111/2/resize/d45111-2-606425-2.jpg ]

通常、スポットライトは、おもに商業施設や店舗で使用されることから、「器具の存在を目立たなくしたい」が、「十分な明るさは欲しい」という市場ニーズがあります。
その一方で、目立たなく小型化することで、明るさが確保できなくなるという問題もあります。

TUTUφ40は、以下の特長を備えた器具口径40mm(φ40)、器具長80mmの調光対応コンパクトスポットライトです。

1.「コンパクト」と「明るさ」の両立
コンパクト化することで起こりやすい熱の問題を、熱解析シミュレーションを重ねて開発した、放熱効果の高い灯具一体型ヒートシンクの採用によって解消したことで、必要な明るさを最小のパッケージで実現するCOBタイプLEDの搭載が可能になりました。
その結果、110V仕様ミラー付きハロゲンランプ65Wと同等の明るさ※(定格光束810 lm、最大光度3512 cd)を、11.9Wの消費電力で実現します。
※TUTUφ40中角(18゜)と当社ハロゲンランプJDRφ50 65W中角の最大光度(100V換算値)との比較(当社調べ)

2.小型かつ目立たない、シンプルな器具デザイン
商業施設や店舗で使用されることから、スポットライトには「器具としてのデザイン性」も要求されます。
そこでTUTUφ40は、凹凸をなくしたシンプルですっきりとしたフォルムとしています。
加えて、デザイン性のある外観を保つべく、リード線をアーム内に隠したり、オプションのフィルタ取りつけ固定金具は外から目立ちにくい形状にするなど、どの角度から見ても美しい設計にしています。

製品バリエーションについて、灯体色はホワイト、ブラックの2種類、配光は中角、広角の2タイプ、色温度は2400、2700、3000、3500、4000Kを取りそろえています。また、オプションとしてハニカムルーバ、拡散フィルタを用意しています。

ウシオライティングは、このTUTUφ40を、競争力のある仕様、価格を備えた製品として市場に投入し、照明器具の販売増につなげます。

【主な用途】
商業施設、店舗、ショールーム、イベントスペース など

【販売について】
■販売開始日:2019年8月30日(金)
■希望販売価格:¥17,800.-(税別)

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング