士業・師業に特化したコンサルティングを手がけるスタイル・エッジ(代表:金弘厚雄) 育児・介護を行う求職者に「いつでも入社!スタイルチケット」を発行開始

PR TIMES / 2019年7月26日 17時40分

士業・師業に特化したコンサルティングを展開する株式会社スタイル・エッジ(所在地:東京都渋谷区、代表取締役:金弘厚雄、以下、スタイル・エッジグループ)は、2019年7月より、育児・介護を行う求職者に対し、採用内定通知後の入社日を一定期間待つことのできる「いつでも入社!スタイルチケット」の発行を開始しましたのでお知らせいたします。


本制度導入の背景には、待機児童や介護離職の問題があります。待機児童問題に関して言えば、認可保育園の選考は保護者の勤務状況や家庭の状況等を鑑みた「保育の必要性の程度」が点数化されて判断されます。この点数ですが、働くことを希望している保護者がいても就労していなければ点数が低くなり、保育園の選考に不利となります。

つまり、働いていないのだから保護者自身で保育が可能である、とみなされるということです。また、企業サイドから見た場合、保育園にお子さんを預けることが出来ていない求職者に対しては現実問題として採用出来かねてしまいます。

このように「働きたいが就労していないため保育園に入園させることができない → 子どもを保育園に入園させられないため仕事も決まらない → 仕事が決まらないから保育園に入園させられない」といった出口のない問題に悩まされている母親から多くのご相談を受けています。待機児童問題のため多くの、特に女性が「働きたいのに働けない」のです。

介護離職に関しても、その数は年々増加しており、厚生労働省「雇用動向調査」によれば2017年には約9万人にものぼっています。仕事と介護の両立ができないためやむなく離職しているのであり、待機児童問題同様に「働きたいのに働けない」のが実情です。

一方では企業サイドの人材獲得が難しくなってきています。2019年5月31日に厚生労働省が発表した同年4月の有効求人倍率(季節調整値)も前月比横ばいの1.63倍で、6カ月連続で同じ高水準を維持しています。

このような背景から2019年7月よりスタイル・エッジグループは、待機児童問題や介護離職により働きたくても働けない優秀な人材に活躍していただくために、育児・介護を行う求職者に対し、採用内定通知後の入社日を一定期間待つことのできる「いつでも入社!スタイルチケット」を発行します。

育児や介護によりすぐに入社できない状況の方でも採用内定が可能であり、内定承諾後に就労(内定)証明書を発行し、入社日を待つことができます。

今後もスタイル・エッジグループは企業理念「80億の人生に彩りを。」に基づき、社会課題にビジネスで取り組むことでミッションである「悩む人の明日をひらく。」の実現を目指してまいります。

■「いつでも入社!スタイルチケット」について

対象者:
1 小学校卒業前のお子さんを子育て中の求職者
2 介護を理由とした離職予定および離職中の求職者

チケット有効期間:
内定通知発行日から原則1年間

■会社情報
会社名    : 株式会社スタイル・エッジ
本社所在地  : 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-27-11 アグリスクエア新宿12F
公式Webサイト: https://styleedge.co.jp/
設立年月日  : 2008年6月19日
代表取締役  : 金弘厚雄
資本金    : 3,000万円(2019年6月1日現在)
従業員数(グループ全体) : 225名(2019年6月1日現在、アルバイト含む)

■グループ企業
・株式会社スタイル・エッジCAREER(代表取締役:鷲野郁代)
https://styleedge-career.co.jp/
・株式会社スタイル・エッジREALTY(代表取締役:金弘厚雄)
https://styleedge-realty.co.jp/
・株式会社スタイル・エッジMEDICAL(代表取締役:初瀬勇輔)
https://styleedge-medical.co.jp/
・株式会社スタイル・エッジLABO(代表取締役:金弘厚雄)

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング