国宝をアニメートする。KYOTO NIPPON FESTIVAL 2019

PR TIMES / 2019年9月21日 18時40分

会期:2019年10月25日(金)~12月8日(日) 会場:北野天満宮

京都を、伝統文化を、北野天満宮を、もっと好きになる。
日本が誇るイラストレーターが国宝の絵巻を再解釈して描く「現代版 北野天神縁起絵巻」や「初音ミク×京都 三十六画仙イラストコンテスト」の実施をはじめ、今年は日本が世界に誇るアニメーションを通じて魅力を発信。




株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント(本社:東京都千代田区)は、KYOTO NIPPON FESTIVAL実行委員会に参画し、2019年10月25日(金)~12月8日(日)まで、「KYOTO NIPPON FESTIVAL 2019」を、学問の神様・菅原道真公を祀る全国天満宮・天神社の総本社「北野天満宮」(京都)で開催いたします。
[画像1: https://prtimes.jp/i/49041/2/resize/d49041-2-988654-0.png ]

4回目となる「KYOTO NIPPON FESTIVAL」の今回のテーマは、「国宝をアニメートする」。
学問や文化芸術の信仰において、その名が知られる全国天満宮総本社の北野天満宮は、その昔、参拝の場のみならず、絵や歌、そしてスポーツなどを発表する社交場、文化の発信場所でもあったと言われています。
「KYOTO NIPPON FESTIVAL」では、北野天満宮が秘蔵する国宝『北野天神縁起絵巻』に注目。本作品の展示と同時に、日本で活躍する6人のイラストレーターが作品を新たに解釈し、生み出した『現代版 北野天神縁起絵巻』を公開します。
そのほか、アニメ『ソードアート・オンライン』とのコラボレーション企画や、世界最大級のイラストコミュニケーションサービス“pixiv(ピクシブ)”と共に、令和元年の“三十六画仙(三十六人のイラストの名人)”を選出する企画、さらに「華道家元池坊」による、各コンテンツとコラボレーションした生け花の特別展示も行います。「KYOTO NIPPON FESTIVAL」のキービジュアル制作においては、「初音ミク」とのコラボレーションを実現。北野天満宮を舞台に国宝に新たな命を吹き込みます。
チケット発売情報や、『ソードアート・オンライン』とのコラボレーション企画、「華道家元池坊」による特別展示などの情報は決まり次第、公式サイト( http://www.kyotonippon.com/)で発表いたします。


初音ミク×京都 三十六画仙イラストコンテスト六人の絵師が描く、現代版 北野天神縁起絵巻

鎌倉時代初期に制作された国宝『北野天神縁起絵巻 承久本』は、菅原道真公の生涯や死後の怨霊説話、北野天満宮の由来・霊験を圧倒的な筆ぶりで描いた全9巻43場面にわたる壮大な絵巻です。今回は、現代を代表するイラストレーター6名を選抜のうえ、彼らを「六画仙」と称し、北野天神縁起絵巻のうち、著名な6場面を現代の解釈でイラスト化。時代ごとにまとめられた “承久本”、“弘安本”、“光信本”、“平成記録本”に続き“現代版”ともいえる、6連作を公開いたします。

[画像2: https://prtimes.jp/i/49041/2/resize/d49041-2-927694-1.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/49041/2/resize/d49041-2-696949-2.png ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/49041/2/resize/d49041-2-672831-3.png ]


■参加イラストレーター
森倉円
https://twitter.com/morikuraen

藤ちょこ
https://twitter.com/fuzichoco

六七質
https://twitter.com/munashichi

タカヤマトシアキ
https://twitter.com/tata_takayama

LM7
https://twitter.com/__LM7__

賀茂川
https://twitter.com/kamogawasodachi

※原本での登場シーン順

初音ミク×京都 三十六画仙イラストコンテスト

世界最大級のイラストコミュニケーションサービス“pixiv(ピクシブ)”にて「京都」をテーマとした初音ミクのイラストを募集するコンテストを開催。

平安時代の和歌の名人「三十六歌仙」にちなんで、イラストの名人を“画仙”と称し、令和元年の「三十六画仙」を選出。4000万人の会員を有する“pixiv”で描かれるイラストのうち、入選した36点を発表、展示、そして奉納します。
[画像5: https://prtimes.jp/i/49041/2/resize/d49041-2-834081-4.png ]

詳細ページ: https://www.pixiv.net/contest/kyotonippon


『ソードアート・オンライン』から読み解く北野天神神話 —『ソードアート・オンライン』x宝物殿 北野天満宮コラボレーション企画—

日本の太古のファンタジーとも言える「北野天神神話」と、近未来の世界を描く『ソードアート・オンライン』がコラボレーション。宝物殿にて、北野天満宮の貴重な国宝をはじめ曼荼羅や刀剣が一挙公開し、『ソードアート・オンライン』と北野天神神話の類似点をもとに、キリトやアスナ達が解説します。また、北野天満宮を舞台に繰り広げられるオリジナルサウンドドラマを展開。書き下ろしイラストを使用した限定グッズの販売も行います。

[画像6: https://prtimes.jp/i/49041/2/resize/d49041-2-447428-5.png ]

[画像7: https://prtimes.jp/i/49041/2/resize/d49041-2-619774-6.png ]



伝統とアニメーションの競演

四季折々に咲く花の命を、先人から受け継がれてきた心と技で、550年の間、人々を魅了し続けてきた“いけばなの根源”である華道家元池坊。磨きぬかれてきた伝統文化とポップカルチャーとの競演による、革新的な生け花の特別展示をご覧いただけます。

[画像8: https://prtimes.jp/i/49041/2/resize/d49041-2-350282-7.png ]



初音ミク×KYOTO NIPPON FESTIVAL キービジュアル

慶長12年(1607年)に豊臣秀頼が建立したとされる「三光門」をバックにした初音ミクのキービジュアル。上半分は“現世”、下半分を“常世”とし、「星欠けの三光門」伝説の通り、門の上に北極星を仰ぎます。イラストは、初音ミクで各種ビジュアルを担当するRellaが担当しました。

[画像9: https://prtimes.jp/i/49041/2/resize/d49041-2-137362-8.png ]


Rella
https://twitter.com/Rellakinoko

レセプションパーティのご案内

開催に先立ち、10月24日15時よりセレモニーイベントを開催します。当日は神若会による和太鼓、華道家元池坊による生け花、人気ボカロPである八王子Pよる各種パフォーマンスを予定しております。なお、レセプションに参加可能な「オープニングセレモニー スペシャルチケット」は枚数限定で販売いたします。

[画像10: https://prtimes.jp/i/49041/2/resize/d49041-2-609809-9.jpg ]

八王子P
http://hachiojip.net
https://twitter.com/8_Prince

開催概要
タイトル:KYOTO NIPPON FESTIVAL 2019
開催期間:2019年10月25日(金)~12月8日(日)
開催時間:
KNFイラスト展(初音ミク / 京都 / 北野天神縁起絵巻)
・10/25(金)~11/8(金)9:00~16:00
・11/9 (土)~12/8(日)9:00~20:00
ソードアート・オンラインと北野天神神話展
・10/25(金)~12/8(日)9:00~16:00
会場:北野天満宮(京都府京都市上京区馬喰町)
チケット:
オープニングセレモニー スペシャルチケット(枚数限定)
特別ゲストライブ+先行内覧会付き鑑賞券 5,000円

KNFイラスト展(初音ミク / 京都 / 北野天神縁起絵巻)
イラスト展鑑賞券+もみじ入苑券 / お茶菓子付き 2,200円

ソードアート・オンラインと北野天神神話展
ソードアート・オンライン コラボレーション / 宝物殿鑑賞券 800円
チケット販売概要
チケットぴあ
https://w.pia.jp/t/kyotonippon-k/
※10月23日より販売開始です。




クレジット
<共通で入れていただきたいクレジット>
(C)2019 KYOTO NIPPON FESTIVAL All rights reserved.

<初音ミクのキービジュアルを使用する場合のクレジット>
Art by Rella (C) Crypton Future Media, INC. www.piapro.net

<『ソードアート・オンライン』のキービジュアルを使用する場合のクレジット>
(C)2017 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/SAO-A Project

公式サイト: http://www.kyotonippon.com/
主催:KYOTO NIPPON FESTIVAL実行委員会
協賛:大日本印刷株式会社 株式会社セルシス 株式会社代々木アニメーション学院
企画・制作:株式会社ソニー・ミュージックソリューションズ

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング