AIキャラクターが毎日の暮らしを便利に。「ienowa(イエノワ)」と「hitonowa(ヒトノワ)」を住宅事業者向けに提供開始

PR TIMES / 2019年11月14日 16時35分

電力センサーひとつでAI+IoT住宅に大変身!

株式会社エナジーゲートウェイ(本社:東京都港区、代表取締役社長:林 博之、以下エナジーゲートウェイ)は、AIキャラクターが毎日の暮らしを便利にするスマートフォンアプリ「ienowa(イエノワ)」と、居住者の暮らしをサポートする管理システム「hitonowa(ヒトノワ)」を提供開始いたします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/49578/2/resize/d49578-2-648969-5.png ]

「ienowa(イエノワ)」は、エナジーゲートウェイの提供する電力センサーが設置された住宅で使用できる住生活のポータルアプリです。電気料金の内訳の見える化やIoT機器との連携など、電力センサー1つでスマートホームを実現し、居住者の毎日の暮らしを便利にすることで満足度向上に寄与します。「hitonowa(ヒトノワ)」は、居住者の暮らしをサポートし続けるための管理システムです。居住者からの問い合わせ受信や居住者へのお知らせ配信の業務効率化、電力データを活用した居住者のより良い暮らしの提案などを実現することができます。

■「ienowa(イエノワ)」でできること

[画像2: https://prtimes.jp/i/49578/2/resize/d49578-2-764287-6.png ]

・月々の電気料金がリアルタイムにわかる。家電ごとの内訳もわかる!
分電盤に取り付けた電力センサーによって、ほぼリアルタイムに月々の電気料金を確認することができます。また、家電ごとの内訳(*1)もわかります。週・月毎の家電のランキングがわかるため、節電の指標や古い家電の買い替えの参考にお使いいただけます。
*1 インフォメティス社の機器分離推定技術( https://www.informetis.com/technology/device-disaggregation/)を使用しています。

・おうちの家電の様子が確認でき、スマート家電リモコンとの連携でスムーズに操作可能!
家電の使用履歴から、「家電の消し忘れの確認」や「留守番中の子供の行動を推測」など、ゆるやかな見守り機能としても使えます。また、スマート家電リモコン(ラトックシステム社RS-WFIREXシリーズ)と連携ができるため、「ienowa(イエノワ)」からスムーズに家電を操作(*2)することができます。
*2 家電の操作をするためには、別売りのラトックシステム社製のスマート家電リモコンが必要です。

・手間のかかる問い合わせや、企業からのお知らせをアプリで簡単確認!
居住者は「ienowa(イエノワ)」で企業にお問い合わせや企業からお知らせの受け取りができます。賃貸管理会社は賃貸住宅のメンテナンス情報などを、ハウスメーカーは新しいサービスの情報などを配信することでお客様との継続的なコミュニケーションを実現します。

・AIキャラクターの「ちょび」がおうちの生活をサポート!
AIキャラクターの「ちょび」が快適な居住生活をサポートします。何気ない日常会話や月々の電気代をお知らせしてくれるおうちのコンシェルジュのような存在です。今後、「ちょび」のできることが増えていく予定です。
また、AIキャラクターは企業のオリジナルキャラクターへのカスタマイズも可能です。

・追加予定の機能
今後、様々な生活サービスを提供する企業と協業し、おうちの電気の消費パターンを分析し最適な生活サービスを提案する機能を追加する予定です。

■「hitonowa(ヒトノワ)」でできること

[画像3: https://prtimes.jp/i/49578/2/resize/d49578-2-192459-4.png ]

・問い合わせ対応やお知らせの配信を管理システムから行える。
管理システムで暮らしにまつわるお問い合わせのやりとりやお知らせの配信をすることができます。これまで電話やメールで行っていた業務をまとめ、効率化することができます。

・居住者の電力データを活用した営業戦略の立案や実行支援が可能。
電力データから暮らしぶりを推測する技術で、ターゲットを絞り込んだマーケティングやサポートが可能になります。住み替えの提案やリフォームの提案、その他の暮らしにまつわる生活サービスのご案内を、最適なタイミングで送信することができます。

■こんな方にお勧め
・賃貸管理会社やマンション管理会社
分電盤につける電力センサー1つで簡単にAI+IoT住宅を実現します。日々使えるスマートフォンアプリ「ienowa(イエノワ)」を提供することによって入居者の満足度向上に寄与します。また、「hitonowa(ヒトノワ)」を用いることで問い合わせ対応業務やお知らせ配信業務の効率化も可能です。

・ハウスメーカー、ビルダー、工務店
分電盤につける電力センサー1つで簡単にAI+IoT住宅を実現します。今後拡張する新たなサービスによって、大型な設備の入れ替え等が不要のまま利便性が向上します。また、継続営業支援ツール「hitonowa(ヒトノワ)」を通じて、居住者を継続的にサポートし続けることで生涯のパートナーになることができます。

■今後の展望
「ienowa(イエノワ)」と「hitonowa(ヒトノワ)」を住宅事業者はじめ様々な事業者に提供することによって、電力センサー1つで老若男女すべての人の暮らしの便利に寄与してまいります。

■本サービスに関するお問い合わせ
株式会社エナジーゲートウェイ ビジネス開発部
E-mail:contact@energy-gateway.co.jp
TEL :03-6550-8450

■私たちが目指す世界
エナジーゲートウェイは、電気の使用状況や家電の使用状況などの情報を集め・分析することで、「データの社会利用」「未来の社会基盤構築」に寄与することをビジョンに掲げています。電力センサーを住宅の分電盤につけると対象家電(*3)が・いつ・どれくらい使われたか特定するインフォメティス社独自のAI技術を用いて、宅内の電力ビッグデータを様々な社会課題解決に役立てることを目指しています。
*3 対象家電は、主要家電のうち最大10種類:冷蔵庫、待機電力(常に電力消費する家電を含む)、エアコン、炊飯器、電子レンジ、洗濯機、ヒーター・ドライヤー・ケトルなどの高熱家電、テレビ、IHクッキングヒーターとなります。

■エナジーゲートウェイの提供するプラットフォーム
分電盤に設置した電力センサーを通じて取得した住宅全体の消費電力量からそのご家庭がご利用になられている個々の家電製品の消費電力量を推定する機能を持ち、分析したデータをサービス事業者様に提供することにより様々なご家庭向けサービスを創出できる特徴を持ったプラットフォームです。
[画像4: https://prtimes.jp/i/49578/2/resize/d49578-2-914616-1.jpg ]


■会社概要
会社名: 株式会社エナジーゲートウェイ
所在地: 東京都港区新橋3丁目1番11号
出資比率:東京電力パワーグリッド株式会社 60%、インフォメティス株式会社 40%
代表者: 代表取締役社長 林博之
事業内容: IoTプラットフォームサービスの提供(各種センサーの販売、システム企画・開発、情報処理・提供サービスなど)
設立: 2018年2月15日
資本金: 3,000万円(2019年4月1日時点)
URL: https://www.energy-gateway.co.jp/

※記載情報は、発表日現在のものです。情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング