HITOE 短財布2 L-zip「Natura」のクラウドファンディング を開始

PR TIMES / 2019年10月11日 19時5分

クラウドファンディング国内最高額を達成した「HITOE 短財布2 L-zip」の特別仕様。2019年10月4日からGREEN FUNDINGで予約販売開始。

上質な「革」と「新」たな発想による「革 X 新」を掲げ、国内外で多数のデザイン賞を受賞するSYRINX(所在地:東京都港区、代表:佐藤宏尚)は、財布のクラウドファンディング国内最高額(23,157,200円)を達成したHITOE 短財布2 L-zipの特別仕様「Natura」のクラウドファンディングを、GREEN FUNDING で2019年10月11日に開始しました。



▼HITOE 短財布2 L-zip [Natura]

[画像: https://prtimes.jp/i/49605/2/resize/d49605-2-563306-0.jpg ]


「鞄を持たず、手ぶらで足取り軽く出かけたい!」
その想いを叶えるために「HITOE」シリーズは誕生しました。
財布が分厚くなるのは、カードとコインが重なるから。これを解決するのが「単(ひとえ)構造」(特許庁意匠登録済)です。カードとコインを重ねず、横に分散し、従来の財布より圧倒的に薄くなりました。
さらに、重なる革や布は、一般的な財布は10枚程度。「HITOE」はわずか4枚。これは、調査したコインとカードを収納できる財布の中で最少です。
紙幣10枚、コイン15枚、カード8枚。こんなにたくさん収納しても、財布の厚さはたった15mm。圧倒的な薄さです。
[動画: https://www.youtube.com/watch?v=pSj1-x6Bt80 ]



「HITOE 短財布2 L-zip」は、前モデルに寄せられた多くの声を活かし、気になった点を徹底的に改良。薄いだけでなく、紙幣やコインをスピーディーに使え布として生まれ変りました。紙幣は折り目をつけずに使用可能。ヒップポケットに入る財布の決定版です。

「身も心も軽やかな快適さ」

機能性、携帯性、収納力。これらを兼ね備えた《HITOE》は、きっと、あなたの生活を豊かにする存在になると確信しています。

▼特別仕様「Natura(ナトゥーラ)」
「Natura(ナトゥーラ)」とは、、自然(Nature)を意味するイタリア語です。革の表面を白くワックスがけし、さらにドラムに入れて、シボ感を出した「La Perla Azzurra 社 Alaska」を使用。Alaskaの魅力は、一つ一つ個性あるワイルドで自然なシボ。
使うほどに表面のロウが擦れて消え、まるで白い雪から自然が顔をのぞかせ始めた春のアラスカのように、革本来の表情があらわれます。

製品URL: https://syrinx.audio/products/hitoe-short-wallet-2-natura
プロジェクトURL: https://greenfunding.jp/syrinx/projects/2956/

▼SYRINXについて

建築家・佐藤宏尚が、自らが設計した空間に設置するスピーカーを創ったことからすべては始まります。
柔らかな革のボディが特徴のスピーカーは、その澄み渡るクリアな音が評判を呼び、それに応えるために、オーディオブランドSYRINXは誕生しました。
音質のために探し出した「柔らかく重たい革」は、エイジングによる色艶が見事なまでに美しく、イタリアでも希少なヴァケッタレザーでした。しかし、革をスピーカーに使用すると端材が大量に発生します。この上質な革を有効利用するために始まったのが、プロダクトの開発です。
そして、「革×新」をキーワードに、素材の特性を活かした新たなコンセプトの製品を次々と発表。
海外で著名な「iF Design Award(独)」、「IDEA(米)」、「A' Design Award(伊)」を受賞するなど、国内外で高く評価されています。

佐藤 宏尚 のプロフィール
1972 兵庫県加古川市生まれ
1996 東京大学工学部建築学科卒業
1998 東京大学大学院修士課程修了
1998 プランテック総合計画事務所入社
2001 佐藤宏尚建築デザイン事務所設立
2014 慶應義塾大学大学院 非常勤講師
2016 東京大学・東京大学大学院 特別講師
2016 SYRINX 設立

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング