今年開催した「The Food Film Festival NY」で、日本出品作品が監督賞「Food Filmmaker of the Year Award」を受賞

PR TIMES / 2019年11月1日 18時55分

この度、ニューヨークで13回目を迎えたフードフィルムフェスThe Food Film Festival(以下FFF)に、食の総合プロデュース会社、株式会社ヒュー(本社:東京都港区海岸3-5-1、代表取締役社長:大手 仁志)主体のThe Food Film Festival Tokyo運営事務局(代表:大手 仁志)が、映像作品を出品し、監督賞「2019 - Food Filmmaker of the Year Award」を受賞しました。



FFF は、開催期間中の各日のテーマに沿って選ばれた食にまつわるフィルムを鑑賞しながら、座席に運ばれてくるスクリーンに映る食事を楽しむ、映像と食を同時に体験できるイベントです。毎年、マンハッタンの中心、タイムズスクエアにあるAMCエンパイア25で開催されています。映像のプロと食のプロが、極上のフィルムと食事を提供すると共に、食にまつわる社会問題も取り上げ観客に考えるきっかけを作り出し、多くのファンを魅了してきました。これまでシカゴ、チャールストン、コペンハーゲンでも開催されています。

2019年開催では、4日間で21作品が上映され、FFF NY主催者と審査員5名の審査により「2019 – Food Filmmaker of the Year Award」を含む8部門に各受賞作品が選ばれました。
[画像1: https://prtimes.jp/i/50346/2/resize/d50346-2-391896-2.jpg ]

日本の出品作品「Sushi Origin and the Beyond」は、寿司の起源から現在をたどり未来の寿司の形を提案する、サステナビリティを訴えるドキュメンタリーです。上映中は、鮒ずしを使用した色鮮やかな押し寿司が各座席に運ばれ、上映後のアフターパーティーでは、琵琶湖で獲れた天然のニゴロブナを原料にした「ふなずし」(薫彩堂/くんさいどう)と、全国でも類を見ない山廃仕込と木槽天秤しぼりで作られた日本酒(上原酒造「不老泉」)を提供し好評を得ました。

[画像2: https://prtimes.jp/i/50346/2/resize/d50346-2-521516-1.jpg ]


また、来年日本で初開催する「The Food Film Festival Tokyo 2020」(以下「FFFT」、期間:2020年4月17日(金)~19日(日)、場所:B&C HALL /東京都品川区東品川2-1-3)にて、今回の受賞作品「Sushi Origin and the Beyond」の上映も予定しています。

●「Sushi Origin and the Beyond」

[画像3: https://prtimes.jp/i/50346/2/resize/d50346-2-120077-0.jpg ]

魚の保存方法として、米などの穀類を炊いたものと魚を一緒に漬け、その発酵力を利用して魚を保存したことが、寿司の起源と言われています。食物資源の将来を考える日本人若手調理人、森枝幹が、寿司の起源を探りに、琵琶湖で獲れた天然のニゴロブナを原料にし、昔ながらの製法で作られている「ふなずし」を探りに行きます。寿司の成り立ち、現在の江戸前寿司、そして森枝が考える未来の寿司の形を、石川が瑞々しく澄んだ映像で表現します。

・監督、撮影監督:石川寛(株式会社ヒュー)
・制作総指揮、脚本:高柳景多(株式会社ドットフレーム)
・主演:森枝幹(料理人)
 <2019年/日本/10分>


【The Food Film Festibal NY】
期  間 :2019年10月24日(木)~10月27日(土)
会  場 :AMC Empire 25 (234 West 42nd Street, New York, NY)
プログラム:10月24日 [ Edible Adventure #017: Deep Flavor Dive ]
  ・25日 [ Hometown Heroes:NYC ]
 ・26日 [ American Eats: Meats and Treats presented by Schweid & Sons ]
  ・27日 [ Sunday Schmear ]
賞    :Best Feature Film (最優秀長編賞)
      Best Short Film  (最優秀短編賞)
      Best Super-Short Film (最優秀スーパーショートフィルム賞)
      Best Food Porn Film  (最優秀フードポルノ賞)
      The Food Filmmaker of the Year (監督賞)
      The Film Foodmaker of the Year (シェフ賞)
      Bloomberg Made in NY Award  (スポンサー賞)
      Audience Choice         (観客賞)

【 The Food Film Festival Tokyo 2020 開催概要 】
名 称 : The Food Film Festival Tokyo 2020(フードフィルム・フェスティバル・トーキョー2020)
日 程 : 2020年 4月 17日(金)~19日(土)(3日間)
      ・17日(金) 18:30 ~ 23:00 Best of FFF NEW YORK
      ・18日(土) 18:30 ~ 23:00 The Night Aquatic (seafood)
      ・19日(日) 12:00 ~ 18:00 George Motz バーガーフェス
      ※時間すべて予定
会 場 : B&C HALL (東京都品川区東品川2-1-3)
入場料 : 17日、18日 当日券 10, 000円(税抜)/ 19日 当日券 5,000円(税抜) ※価格すべて予定
主 催 : The Food Film Festival Tokyo 運営事務局、一般社団法人 天王洲・キャナルサイド活性化協会
後 援 : 品川区、BS朝日
問合先 : fff-tokyo@hue-hue.com
※上映プログラムなど詳細情報は、2020年1月中旬に発表予定です。

◎公式サイト: http://ffftokyo.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング