【おうちdeまなび舎】実施した、282件のオンライン授業の振り返りを目的に、学生スタッフによるブログ発信を開始します。

PR TIMES / 2020年3月29日 11時5分

おうちdeまなび舎」の各授業のまとめや、大学生サポートスタッフの学びの報告、サービス誕生秘話や運営の葛藤などのストーリーに関する発信を4月初旬から行います。

イロドリトイロ株式会社、tomonasu合同会社、NPO法人E-LINKの札幌の若手起業家3法人が発足した、全世界無料オンライン出前授業「おうちdeまなび舎」は、4月初旬から3週間の各授業のまとめや、大学生サポートスタッフの学びの報告、サービス誕生秘話や運営の葛藤などのストーリーに関する発信を4月初旬から行うことを決定しました。



◆授業は合計282件、受講数は約4000件でした。本当にありがとうございました!

3月2日10時に初回授業を開講し、総授業数282コマを118名のボランティア講師の方々が、日替わりで先生となり授業を提供してくださり、全世界に住む生徒に出前授業を届けることが出来ました。

授業内容は、英語の授業や歌の授業など、いつもの生活でも体験できる内容から、インドや中国、アフリカなど海外現地から、各国についての授業や、社会人の先生からは職業や将来の夢についての授業、学生の先生からは、自分の研究内容や好きなことについてなど、内容は多岐にわたりました。
[画像1: https://prtimes.jp/i/53667/2/resize/d53667-2-443257-0.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/53667/2/resize/d53667-2-666001-2.jpg ]


すべての授業は、20名を上限に設け、生徒と先生、生徒同士が双方向にコミュニケーションを取れるよう、ボランティア講師の方々も工夫をして授業を行ってくださいました。

会員登録数は、3/29現在2021名となりました。
生徒の皆さんは授業への参加、講師の先生方は授業の開講をしていただき、
本当にありがとうございました。

◆参加者の声(一部抜粋) 


普段の生活ではありえない、個性豊かな先生方との出会いが、今後の子どもたちにどう影響するのか楽しみでもあります。
「今日で終わりなんだよ」と子どもに伝えると、なんで?!ってとても驚き、寂しがっております。 また受けたい授業、またお話ししてみたい先生、サポートスタッフのお兄さんお姉さんとお別れするのがとても寂しいようです。
学校の勉強とは違う、社会の勉強ができたこと、教室とは違う環境でも積極的に発言できるようになったこと、パソコンの扱いが上手になったこと、得ることが多い3週間でした。

など、暖かいメッセージを多数いただきました。本当にありがとうございました。


◆授業の振り返りを目的とした、授業内容の紹介や運営の裏話などをnoteで公開します!

[画像3: https://prtimes.jp/i/53667/2/resize/d53667-2-687568-4.png ]



3週間半、授業を行ってきた授業を、春休みの親子での振り返りなどにご利用いただくために、授業内容をまとめ、「おうちdeまなび舎 ”ウラ”バナシ」として順次noteに記事を公開することを決定いたしました。また、授業のサポートをしてくれていた学生たちの3週間のサポートスタッフ生活の振り返りなども掲載予定です。

ぜひ、ご覧いただけましたら幸いです。


◆詳細           




掲載場所: https://note.com/ouchidemanabiya
掲載開始予定日:4月1日開始予定
掲載予定内容:開講授業(一部)のサマリー、運営裏話など



【おうちdeまなび舎概要】
 北海道の一斉休校を受け、2/27に有志で立ち上げ、3/2に授業提供を開始した、無料オンライン出前授業サービスです。科目授業ではなく、ボランティア講師が好きなことや得意なことを授業として教えることで、「おうちにいたから世界が広がった」を目指し、双方向コミュニケーションの授業を展開してまいりました。3週間で合計2012名の会員が登録をしてくれ、282件の授業を全世界から集まった先生が提供を行ってくださいました。

・HP: https://www.ouchidemanabiya.com/

【共同代表プロフィール】
 
<新岡 唯>
イロドリトイロ株式会社 代表取締役
日高管内旧門別町(現日高町)出身。
東海大学付属第四高等学校(現東海大付属札幌)卒業後、
首都圏の大学へ。大学を卒業後、東京にて一貫して人材や人事の業務に携わる。
2017年、札幌へUターン。企業の働き方改革支援や、制度設計、採用支援など、2年間フリーランスを行った後、札幌市主催のベンチャーグランプリや、札幌青年会議所主催の社会起業家育成塾で受賞をし、2019年2月イロドリトイロ株式会社を起業。企業の働き方改革支援や、採用企画、育児世代向けの事業開発支援事業などを行う。

HP: https://irodoritoiro.com/


<嶋本勇介>
EDU FES北海道実行委員長
tomonasu 合同会社 代表社員
北海道札幌市出身。
北海道大学卒業後、デロイトトーマツコンサルティングにて
4年間経営コンサルタントの職業に就き、経営改革や新規事業立案などに携わる。
2019年6月札幌にUターン。「誰もが人生のコンパスに出会える社会の仕組みを 創る」をミッションにtomonasu合同会社を設立。
2020年2月22日に「EDU FES北海道~いろんな教育、つながる、はじまる~」という、 様々な教育を「知って」「体験して」「交流できる」教育の祭典を開催。今後は北海道に特化した教育のWebメディアの運営を予定。

EDU FESクラウドファンディングページ: https://readyfor.jp/projects/edufes-hokkaido

<日向 洋喜>
NPO法人E-LINK 代表理事
1992年生まれ。札幌生まれ札幌育ち。
北海道教育大学札幌校卒。
札幌のゲストハウスを舞台に学童保育「アドベンチャークラブ札幌」と
フリースクール「LIKE PLUS」を中心に、子どもが世界と出会う場を運営。
大学時代に1年間休学し、100万円100日間で地球一周の船「ピースボート」に乗船。世界中で出会った人たちから夢を集めて23か国。
その後は日本やアジアをバックパックで周りながら、ゲストハウス×子どもの可能性を見出し、現在の活動に至る。

HP: http://adventureclubsapporo.com/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング