株式会社estraプログラミングコーチングスクール【COACHTECH】を2月1日より提供開始

PR TIMES / 2020年2月10日 9時45分

株式会社estra(本社:東京都港区、代表取締役:福場凜太郎、以下 estra)は、コーチングを用いたプログラミング学習サポートを行う新サービス「COACHTECH」を2020年2月1日から提供開始しました。



[画像1: https://prtimes.jp/i/54050/2/resize/d54050-2-192593-0.png ]


「COACHTECH」は、授業をしない短期型プログラミングコーチングスクールです。2ヶ月間で、デザインから、Webサイト制作、Webアプリケーション制作を学ぶことができます。
生徒一人ひとりに専属コーチがつき、モチベーションの維持・向上、学習の課題解決をサポートします。
また、プログラミングに関する質問や日々の学習の振り返りに関してはLINE上で対応しており、生徒の要望に合わせてオーダーメイドの実践的なカリキュラムを使用して、実務レベルのエンジニア育成を行っています。

「COACHTECH」URL: https://coachtech.site/

■COACHTECHの特徴
特徴1 コーチングを用いた、学習管理とモチベーション維持

多くのプログラミングスクールではティーチングのみの指導が一般的ですが、COACHTECHではコーチングを用いることで生徒の学習管理とモチベーション維持を可能にしています。
また、一過性のプログラミング学習にならないよう卒業後の年間学習計画も作成し、プログラミング力が向上するようサポートしています。

特徴2 初心者でも短期間でWebアプリケーションを作れる

多くのプログラミングスクールのWebアプリケーションコースの受講期間は半年ほどです。
しかし、COACHTECHではアウトプットメインのカリキュラムと個々人に適した学習計画を作成することで、2ヶ月という短い期間でWebアプリケーションを作れるようになります。

特徴3 オーダーメイドカリキュラム

プログラミングスクールで学び始める前の知識やスキル、学習を進めていく中での躓く点は人それぞれです。COACHTECHでは1人ひとりに合わせた教材を提供することで、最短で目標達成をするサポートをしています。

特徴4 週一の面談と毎日のチャットコーチング

生徒一人ひとりに専属コーチがつき、面談・チャットでの振り返りを行うことで、学習の課題解決やモチベーション維持・向上をサポートします。
また、1日の終わりに学習が予定通りできたか改善が必要かを一緒に考えていくことで、1週間での大きな学習のズレをなくします。


■学習管理のイメージ

[画像2: https://prtimes.jp/i/54050/2/resize/d54050-2-571001-1.png ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/54050/2/resize/d54050-2-630852-2.png ]




講座詳細
【お知らせ】
・専属コーチの質を保つため、限定10名とさせていただきます。

【標準学習期間】
  2ヵ月

【受講料】
一括払い:250,000円(税別)
分割払い:¥12,122~円 × 24回 総計:290,928円 ※年率15%の場合

▼COACHTECHに関して、詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

URL: https://coachtech.site

※リリース内容は予告なく変更になる場合がございます。予めご了承ください。


[表: https://prtimes.jp/data/corp/54050/table/2_1.jpg ]


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング