新型コロナウイルスを一緒に乗り越える!「飲食店応援セット」を無償提供した取り組みに対し東大阪市長から感謝状をいただきました

PR TIMES / 2020年7月22日 13時40分

飲食店の「今、欲しいもの」はパッケージだけじゃなかった!

 日本全国の34,000社にBtoB向けパッケージ資材を販売する株式会社ヘッズ(本社:大阪市阿倍野区 代表取締役:暮松邦一)は、2020年6月に新型コロナウイルスの感染拡大により打撃を受けた飲食店を支援する目的で、自社パッケージ資材と保健所監修のもと自社制作した感染予防ガイドラインをセットにした「飲食店応援セット」を、東大阪市ならびに一般社団法人東大阪ツーリズム振興機構と連携して同市内の飲食店に無償提供した取り組みに対し、2020年7月21日(火)、野田義和東大阪市長より感謝状をいただきました。

◎ 株式会社ヘッズ: http://www.heads-jp.com
◎ 公式Facebookページ: https://www.facebook.com/heads.ls/



[画像1: https://prtimes.jp/i/59010/2/resize/d59010-2-558471-0.png ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/59010/2/resize/d59010-2-843380-1.png ]


■ 今回の取組みの始まり
新型コロナウイルスの感染拡大により、社会活動がストップした4~5月は飲食店の厳しい状況をニュースや自身の生活の中で目の当たりにしました。弊社の食にまつわる顧客も、過去3年連続昨対110~122%の売上実績でしたが、今年の4月単月は昨年対比69%と落ち込みました。
パッケージ資材屋として何かお役に立てることはないかと模索し、弊社の物流センターがある東大阪市と一般社団法人東大阪ツーリズム振興機構がウェブサイト、SNSを通じて飲食店を支援する「#東大阪エール飯」の取り組みと連携する案として300店舗分の飲食店応援セット提供の企画を持ち込みました。
[画像3: https://prtimes.jp/i/59010/2/resize/d59010-2-625241-10.png ]


■ 安心して店内飲食をするためのツールも制作
 「飲食店応援セット」には、テイクアウトで使えるパッケージが入っています。一方で、飲食店はお客様に来ていただき店内で飲食してもらうことを希望しています。飲食店の本来の業態を守るため、保健所監修のもと自社で感染症対策のガイドラインや、ポスターも制作しました。
[画像4: https://prtimes.jp/i/59010/2/resize/d59010-2-512807-4.png ]



[画像5: https://prtimes.jp/i/59010/2/resize/d59010-2-387485-5.png ]


■ 株式会社ヘッズについて
 大阪にて1985年に創業。社是に「幸せ制作会社」を掲げ、自社オリジナル企画でレジ袋/販促用品/ギフトラッピングなどの業務用パッケージ資材5,000アイテムを販売しています。2020年現在、日本全国の小売店を中心とした約34,000のお客様とお取引させていただいています。
 自社オリジナル企画の新商品は毎年約300アイテムをリリース。企画/デザイン/製造/販売をワンストップで行うことでお客様の細かいニーズに合った商品をご提案しています。
[画像6: https://prtimes.jp/i/59010/2/resize/d59010-2-435052-11.png ]

[画像7: https://prtimes.jp/i/59010/2/resize/d59010-2-962094-8.png ]


■ 参考サイト
◎ 株式会社ヘッズ コーポレートサイト: http://www.heads-jp.com
◎ 公式Facebookページ: https://www.facebook.com/heads.ls/
◎ 東大阪市「#東大阪エール飯」特設サイト: https://hta.deci.jp/food/takeout-gourmet/
◎ 株式会社ヘッズ 今までの取り組み: http://www.heads-jp.com/feature/measure/


[画像8: https://prtimes.jp/i/59010/2/resize/d59010-2-365608-9.png ]


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング