xRアプリケーション開発のMark-onと手軽な3Dアバター配信アプリ「Luppet」のラペットテクノロジーズが業務提携を締結

PR TIMES / 2020年11月15日 10時15分

新たなサービス開発、ユーザー体験を推進していきます。

xRアプリケーションの開発、販売を手掛ける株式会社Mark-on(本社:東京都板橋区、代表取締役:檜山正樹、以下Mark-on)は手軽な3Dアバター配信アプリ「Luppet」の開発、販売をおこなう合同会社ラペットテクノロジーズ(本社:東京都品川区、代表:根岸匠、以下ラペットテクノロジーズ)と、このたび業務提携に関する協定書を取り交わしました。



[画像1: https://prtimes.jp/i/59382/2/resize/d59382-2-829237-0.png ]

Mark-onはラペットテクノロジーズの目指すバーチャルキャラクターが日常に溶け込む世界を作るというミッションに新しい体験価値を付加し、新しいサービスの展開を目指します。
一方、ラペットテクノロジーズは今回の業務提携で、Mark-onの持つxR(※1)アプリケーションの開発に関する豊富な知識と、UI/UXデザインを反映した提案などを活用し、提供するサービスを拡充してまいります。


[画像2: https://prtimes.jp/i/59382/2/resize/d59382-2-748973-2.jpg ]



■Mark-on 代表取締役 檜山正樹 コメント
Mark-onは創業より、「全ての人が手軽に最新技術の恩恵を受けられるように」という思想の元、お客様の課題を模索し、研究開発を行い最新技術を用いて解決を目指しております。
このたびのラペットテクノロジーズとの業務提携は今後開発されるアプリケーションをさらに多くの方にお届けすることができるものと考えております。
Mark-onとラペットテクノロジーズは、お互いの表現力、技術力を共有、成長させ、古き良き文化を大切にしつつ次の世代への橋渡しとして技術を広めてまいります。

■ラペットテクノロジーズ 代表 根岸匠 コメント
現在日本で発展しているVTuber・アバター文化は世界の最先端を行く独特で力強い文化です。ラペットテクノロジーズでは自社技術を用いてこの文化の発展を支援しています。
その中でMark-onが強みとしているAR/VR/MRという分野はバーチャルキャラクターと特に密接な関係があります。
そのため、Mark-onが持つ開発力・表現力と当社の技術を組み合わせることは更に力強く文化の発展を支援できるものと考えており、一方で、当社の持つVTuber・アバター文化に関する技術力はMark-onのコンテンツ制作の一助となるものと考えております。
今回の提携によって両者の持つ開発力・表現力を強化することで、互いに世界に通用するコンテンツを提供してまいります。

(※1)xRはAugmented Reality (AR)、Virtual Reality (VR) 、Mixed Reality (MR)、などの総称です。

◆株式会社Mark-onについて
株式会社Mark-onは、2020年3月30日に設立されたAR/VR/MRなどのアプリケーションの受託開発を行っている企業です。多くの展示会などにAR/VR/MRの技術を使ったゲームなどを出展しつつ、そのゲーム開発で培った技術をアプリケーションへと応用し、現場で活用していただいています。詳細はこちら( https://mark-on.co.jp)をご覧ください。

◆合同会社ラペットテクノロジーズについて
合同会社ラペットテクノロジーズは、"バーチャルキャラクターが日常に溶け込む世界を作る"をミッションに、VTuber向けトラッキングソフト「Luppet」の開発・提供や、バーチャルタレントとの1対1で会話が可能な飲食店「Luppet Cafe」への技術協力などを行っている会社です。現在Luppetは、国内外の40を超える法人や多数のVTuberにご利用いただいており、世界中のVTuber・アバター文化の発展に貢献しています。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング