『deleteC限定パッケージデザインボトル 華密恋薬用入浴剤』みんなの力で、がんを治せる病気にするプロジェクト“deleteC”を応援します!

PR TIMES / 2020年8月26日 19時45分

―売上金の一部をdeleteCを通じて、がんの治療研究に寄付します―

株式会社SouGo カミツレ研究所(東京都江東区塩浜:代表取締役社長 北條裕子)は、みんなの力でがんを治せる病気にするプロジェクト“deleteC(デリートシー)”の趣旨に賛同し、今年38年を迎えた華密恋薬用入浴剤のdeleteC限定パッケージデザインボトルを9月10日(木)から数量限定で発売します。



華密恋薬用入浴剤は1982年発売以来のロングセラーアイテム。有機JA S認定を取得している長野の自社農園では、土づくりにこだわり、農薬を使用せず、一株一株に愛情を注いでカモミールを栽培しています。そうして育てた自社農園原料のみを使用してつくったカミツレエキス100%の入浴剤を、今回はdeleteC限定パッケージデザインボトルとして発売し、売上金の一部をdeleteCを通じてがんの治療研究に充当する為の活動に寄付いたします。がんを治せる病気にする日を一日でも早く手繰り寄せるために、私たちにできることで微力ながら貢献していきたいと思います。

[画像1: https://prtimes.jp/i/64226/2/resize/d64226-2-913365-0.jpg ]


■deleteCプロジェクトとは
「みんなの力で、がんを治せる病気にする」ことを目的として、昨秋から始まったプロジェクトです。企業・団体が、自身のブランドロゴや商品、サービスから、Cancer (がん)の頭文字である「C」の文字を消したり、マゼンタ色に染めたオリジナル商品やサービスを開発・販売。その売上金の一部を、がんの治療研究に寄付するという取り組みです。医療や製薬などの限られた専門領域の人や団体だけではなく、誰もが参加できて、みんなでがんの治療研究を応援できるプロジェクトです。(URL: https://www.delete-c.com/

■華密恋+deleteCパッケージデザインについて
自社農園のカモミール原料だけを使用したカミツレエキスをボトリングし、年に一度、限定パッケージにてお届けしている「華密恋薬用入浴剤」。今年はdeleteCプロジェクトへの参画を表現した限定パッケージデザインボトルで登場です。Cancer(がん)の頭文字「C」の文字を消すことや、deleteCのコンセプトカラーを使用することに賛同し、パッケージ全体をピンクにし、表記されている“Chamomile Extract BATH ESSENCE”の「C」をdelete=消したデザインです。また、「みんなの力でがんを治せる病気にする」“deleteC”プロジェクトを応援していることをラベルに記載し、デザインを通して本商品が参画していることを分かりやすく表現しています。


[画像2: https://prtimes.jp/i/64226/2/resize/d64226-2-322431-1.jpg ]



■商品名
華密恋薬用入浴剤
<有機JAS農産物認定自社圃場限定原料使用>(医薬部外品)
「deleteC」限定パッケージデザインボトル

■発売日
2020年9月10日(木)公式オンラインショップ及び全国の華密恋取扱店舗にて発売予定
https://www.kamitsure.jp/

■価格
¥2,200(税抜)/ ¥2,420(税込)

■内容量
400mL

■全成分
カミツレエキス(有効成分)
※抽出溶媒に水と発酵エタノールを使用しています。防腐剤、合成香料、合成着色料などの添加物は一切使用していません。

■効能・効果
冷え症、あせも、荒れ性、にきび、しっしん、肩のこり、神経痛、腰痛、リウマチ、疲労回復、産前産後の冷え症、痔、うちみ、しもやけ、ひび、あかぎれ

■ご使用方法
ご家庭のお風呂(180~200L)に、50mL を入れて入浴してください。
入浴後はあがり湯をせずにそのままお上がりください。

■商品特徴
有機JAS認定を取得している自社農園(長野県北安曇郡池田町)では、土作りにこだわり、農薬を使用せず、一株一株に愛情を注いでカモミールを栽培しています。華密恋ではカモミールの全草(花・葉・茎)を使用して生命力全てを活かし、独自の非加熱製法でカモミールの香りと有効成分を最大限に引き出したエキスをつくっています。そのカミツレエキスをそのままボトリングしたカミツレエキス100%の華密恋薬用入浴剤。今回は長野の自社農園原料のみを使用しました。ボトルはサトウキビ由来の植物原料を使用したバイオマスプラスチックを採用。容器焼却時、CO2の排出量を最小限に抑えることができる環境に配慮した素材です。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング