一般財団法人 災害支援財団 認定!「緊急災害用モバイル電源」

PR TIMES / 2020年9月3日 9時45分

一般財団法人災害支援財団が「災害時等における備えとして優れた製品」認定

環境ビジネスコンサルタンツ株式会社(東京都千代田区、代表取締役 安川正)がアセンブリメーカーとして9月1日から発売を開始した緊急災害用モバイル電源「BPSボックス」は停電時の備えとして開発されました。



日本だけでなく世界中で、100年に一度の自然災害が毎年発生しており、全国各地で甚大な被害がでています。特に今年は梅雨明けと同時に記録的な酷暑で熱中症対策、さらにコロナ感染予防対策が必須となっております。各地でゲリラ豪雨が発生し、水害、落雷による被害も多くでております。9月以降は台風が多発する時期に入ります。避難活動を余儀なくされる時に安否や災害の情報を得るためにスマートフォンあるいは、携帯電話が一番必要なものであるといわれております。BPSボックスは災害時における備えとして優れた製品であるとして一般財団法人災害支援財団より認定されました。


[画像: https://prtimes.jp/i/64298/2/resize/d64298-2-642840-5.jpg ]

<商品の特長>
1.スマートフォン(2,900mAh)合計94台をフル充電することが可能!
2.160W×2セット=320W太陽光パネルを搭載! 約3.5~4時間でフル充電。停電時にも使用することが出来ます。
※充電時間は気象条件によって異なります。
3.BOX内には多機能LEDライト、LED蛍光ランタンを収納。照射機能だけでなくUSB出力充電ポートを
搭載しているため、スマートフォン等の充電も可能。
4.最新型電気自動車バッテリーに採用されている21700セルを使用し軽量化を実現し徹底的に安全性を重視した設計の為、常時充電でも安心・安全。常時充電だからフル充電の状態で使用できる。充電に係る年間の電気代は10円以下
5.BPST-1000B蓄電池は、超大容量の1067Wh電源容量でありながら総重量は10kgと超軽量!

<商品概要>
設置型 非常用電源BOX「BPS」
内容物:電源コード5口1本、携帯受電ケーブル14本(MFI認証)、USBハブ延長ケーブル5口2本
蓄電池BPST-1000B(1067Wh)、多機能LEDライト5個、LED蛍光ランタン3個、160W
太陽光パネル2枚
<BPSボックスアセンブリメーカー>
環境ビジネスコンサルタンツ株式会社
URL: http://www.env-consul.jp/index.html
<お問合せ先>
一般社団法人エコファーム推進機構 「BPSボックス問合せ専用アドレス」
宛先:bps@ecofa.or.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング