by GAKU × ヘラルボニー による地域活性型のアート・プロジェクト【SOCIAL ART MUSEUM 西武東戸塚S.C. ギャラリー】開催

PR TIMES / 2020年9月28日 13時15分

19歳の自閉症アーティスト GAKUによる最大W1.8m×H1.3mの大型作品6点が、西武東戸塚S.C.店内の仮囲いを彩る

福祉施設アイム(神奈川県川崎市/代表 佐藤典雅)に所属する19歳の自閉症アーティスト GAKUは、福祉実験ユニット「ヘラルボニー」(岩手県花巻市/代表取締役社長 松田 崇弥)が企画する、知的障害や身体障害のある人が描くアート作品で仮囲いを彩る地域活性型のアート・プロジェクト「SOCIAL ART MUSEUM 西武東戸塚S.C. ギャラリー」に参加します。ヘラルボニーとしては初の単独アーティストによる展示企画です。9月24日(木)~11月上旬、GAKUによる最大W1.8m×H1.3mの大型作品6点が、西武東戸塚S.C.(神奈川県横浜市)内の建設を守る「仮囲い」を彩ります。




「SOCIAL ART MUSEUM 西武東戸塚S.C. ギャラリー」開催概要


■掲出期間:9月24日(木)~11月上旬

■掲出場所:西武東戸塚S.C. 4F( https://www.seibuhigashitotsuka-sc.jp/access_info/
■内容:仮囲いのターポリンに、自閉症アーティストのGAKUが描いた6点のアート作品を掲出します。期間終了後は生地を洗浄し、トートバックを製造します。バッグはヘラルボニーが運用するECサイト「HERALBONY Official Website」にて予約販売を行います。
■展示の図:

[画像1: https://prtimes.jp/i/65433/2/resize/d65433-2-534337-7.jpg ]




掲示場所のフロアマップ


[画像2: https://prtimes.jp/i/65433/2/resize/d65433-2-708280-6.jpg ]


■イベント会場内での新型コロナウイルス感染防止対策について
お客さまとスタッフの健康と安全の確保のため、3密(密閉、密集、密接)を避ける対策を講じた上で実施します。
〇会場内設備(お客さまの身体に触れる可能性のある設備・機器類など)の消毒の徹底、各ホールの換気などを実施します。
〇ご来場のお客さまには、入場時の検温、マスクの着用、ソーシャルディスタンス(適切な距離)の確保などへのご協力をお願いします。
〇スタッフのマスク着用、手洗い・手指 消毒の徹底、検温など実施します。

「SOCIAL ART MUSEUM 西武東戸塚S.C. ギャラリー」とは

ヘラルボニーが行っているプロジェクト「全日本仮囲いアートミュージアム」にて展開している「SOCIAL ART MUSEUM」です。全日本仮囲いアートミュージアムは、建設を守る「仮囲い」を、新発見ができる期間限定の「ミュージアム」と捉え直す地域活性型のアート・プロジェクトです。
今回、「SOCIAL ART MUSEUM 西武東戸塚S.C. ギャラリー」と題して、川崎市在住の19歳の自閉症アーティスト GAKUが描いた作品を、耐久性の高いターポリン素材にプリントし、西武東戸塚S.C.内の仮囲いを彩ります。ヘラルボニーとしては初の単独アーティストによる展示企画です。
また、ギャラリー終了後は、装飾に使用したターポリンをトートバッグにアップサイクルし、販売します。仮囲いを彩ったターポリンが、価値を高めて再利用されるだけでなく、商品販売によって得られた利益の一部をアーティストに還元することで、福祉×アート×仮囲いを組み合わせた新たな価値の創出を目指します。

[画像3: https://prtimes.jp/i/65433/2/resize/d65433-2-134736-1.png ]




アップサイクルトートバッグの販売について

販売先:HERALBONY Official Website( https://www.heralbony.com/
販売開始時期:2020年10月初旬予約開始
発送開始時期:2021年3月末頃を予定
販売価格:25,000円(税別)/点


19歳の自閉症アーティスト GAKUについて

GAKU本名:佐藤楽音(がくと)

[画像4: https://prtimes.jp/i/65433/2/resize/d65433-2-989429-0.jpg ]

19歳の自閉症アーティスト。川崎市在住。3歳の時に自閉症と診断され、4歳の時に、当時最新の療育を提供していたといわれるアメリカ・ロスアンジェルスへ家族で渡り、以後9年間ロスで療育を受けながら過ごす。14歳の時、日本に帰国。父親が彼のために設立した、発達障害の福祉施設『アイム』が運営するフリースクール『ノーベル高等学院』に通い、現在は生活介護『ピカソ』に在籍。年間約260枚という驚くべきペースで、日々精力的に絵を描き続けている。
◎Story of GAKU: http://bygaku.com/story/

■株式会社アイムとは
発達障害の子どもたちをサポートする放課後デイサービス「アインシュタイン放課後」「エジソン放課後」などを運営している福祉施設。全ての個性が「 I am! 」と胸をはって自己宣言できる世の中にしていきたいという思いを込めて、「アイム」と命名。2019年、第7回かながわ福祉サービス大賞、大賞および会場審査員賞をダブル受賞。
[表1: https://prtimes.jp/data/corp/65433/table/2_1.jpg ]


■株式会社ヘラルボニーとは
「異彩を、 放て。 」をミッションに掲げ、 福祉を起点に新たな文化を創ることを目指す企画会社。 知的障害のある人が描くアート作品をプロダクトに落とし込み、 新しい価値の提案を目指すブランド「HERALBONY(旧MUKU)」の運営や、 建築現場の仮囲いに知的障害のあるアーティストのアート作品を転用する「全日本仮囲いアートミュージアム」、 100年後のコミュニケーションを考える「未来言語」など、 福祉を軸とした社会実験に取り組む。日本を変える30歳未満の30人「Forbes 30 UNDER 30 JAPAN」受賞。
[表2: https://prtimes.jp/data/corp/65433/table/2_2.jpg ]


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング