UiPathを活用したSAP社製ERP自動化支援サービスの提供を開始

PR TIMES / 2020年10月2日 13時45分

コンセスコンサルティング株式会社(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:西本 章泰、以下:コンセスコンサルティング)は、ERPやRPA、プロセスマイニングに特化したITコンサルティングサービスおよび要員支援サービスを提供している企業です。本日同社は、SAP社が提供するERP製品向けに、RPAプラットフォームであるUiPath社のロボットを活用した自動化をスムーズに実現できる「リモートQ&Aサービス」および「PoC (Proof of Concept/概念実証) /導入支援サービス」の2つのサービスの提供を本日より開始します。

SAP社が提供するERPは、豊富な機能で高い信頼を獲得しており、統合業務アプリケーション市場においてもトップシェアを誇ると言われております。また、RPAは自動化ソリューションとして急成長を遂げている市場分野ですが、とりわけUiPath社のRPAプラットフォームは基幹システムとも連携した、数多くの事例を有しています。これら2つのソリューションを連携し、業務の効率化を図りたい、業務スピードを向上させたい、新規導入時・既存システム運用時の追加機能の開発コストを抑えたいというニーズが増えている一方で、SAPおよびUiPathの両方の知見がないとスムーズな導入が難しいという課題が生じていました。

コンセスコンサルティングでは、2012年よりSAP関連のコンサルティング事業を、UiPathについては2017年よりコンサルティング事業をいち早く開始しており、両ソリューソンについて多くの知見を培ってきました。

これらの実績と経験を活かして、本日より次の2つのサービス提供を開始します。

「リモートQ&Aサービス」
SAPを自動化する際に、オンサイトでの技術支援までは必要としていない方を対象としたサービスです。リモートでの対応となりますが、従来のオンサイトでのコンサルティング業務よりも低価格、定額制で、自動化プロセスの選定方法や、UiPathでのSAPの自動化方法、UiPath Connectに公開されているSAP連携に利用できる部品に関する質問などに対応します。

「PoC/導入支援サービス」
UiPathを活用した、SAP ERPシステムの自動化について、PoCおよび対象業務の洗い出しから要件定義、開発、導入、安定稼働するまでの本格的な導入を支援します。開発時にはUiPath社開発のSAP社のERP製品向けの共通部品、UiPath Reusable Component for SAP(SRC)を最大限活用し、工期の短縮および品質の向上を行います。サービス提供後、お客様にて開発、運用等を行いたいお客様には、開発の概念や開発手法などを習得できるトレーニングを提供し、運用まで任せたいというお客様には運用支援サービスも提供します。

コンセスコンサルティングは、 SAP S/4HANA(R) への移行を検討する企業や SAP S/4HANA や SAP(R) ERP 6.0を運用している企業に向けて、「リモートQ&Aサービス」および「PoC/導入支援サービス」を展開し、1年間で20社の採用を目指します。

UiPath株式会社 ソリューション本部長 兼 プロダクト戦略本部長 犬塚昌利氏は次のように述べています。
「コンセスコンサルティング社による、本サービス開始を心より歓迎いたします。UiPathは、多様な基幹システムとの連携実績を有している唯一のRPAプラットフォームですが、本サービスを契機に、Enterprise ITの市場で、さらにUiPathの活躍範囲が広がることを嬉しく思っております。」

■コンセスコンサルティング株式会社について

コンセスコンサルティングは、ERP、RPA、プロセスマイニング、AI等の最新のIT技術を駆使したITソリューションの提供を得意とするコンサルティングのプロフェッショナル集団です。RPA領域においてはUiPathサービスパートナーであり、2017年よりUiPath導入支援サービスを開始、2018年以降はSAP導入経験豊富なコンサルタントの知見を活かし、SRCの開発に携わっています。UiPathとSAP両方の知見を活かし、お客様のビジネスの成功に貢献しています。
・ホームページ: https://concess.co.jp

※SAP、SAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP SEやその他世界各国における登録商標または商標です。

※UiPathはUiPath社の米国およびその他の国における商標です。またその他記載された会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング