1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

琵琶湖ホテル『秋の百人一首アフタヌーンティー いまひとたびの』

PR TIMES / 2021年9月16日 18時45分

かるたの聖地・大津で味わう秋の果実と抹茶のアフタヌーンティー。スイーツに込められた和歌の意味を紐解く優雅なひととき。

琵琶湖ホテル(所在地:滋賀県大津市、総支配人:前田義和)は、2021年10月1日(金)から11月28日(日)までの金・土・日・祝日限定で、2階「イタリアンダイニング ベルラーゴ」にて、小倉百人一首の秋の歌を、抹茶と秋の果実を使用したスイーツで表現した『秋の百人一首アフタヌーンティー いまひとたびの』を開催いたします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/83761/2/resize/d83761-2-c81a34694f1fb0e673f4-0.jpg ]

 琵琶湖ホテルでは、2017年より『百人一首カクテル』をシリーズで販売し、『百人一首スイーツビュッフェ』や『いちごアフタヌーンティー 咲くやこの花』を開催するなど、大津にゆかりの深い百人一首と食を融合させたユニークな企画を行っています。この秋は、香り高い抹茶と栗・リンゴ・ナシなどの旬を迎える果実を主役として、秋の歌をテーマにアフタヌーンティーを開催します。一般社団法人全日本かるた協会加盟「大津あきのた会」と歌人の遠山利子先生に監修いただき、絵を描くようにお皿に盛り付けたスイーツや、色とりどりにお重に並べたセイボリーで、歌の内容を表現しました。組数限定・予約制で、琵琶湖を望むお席でゆったりとお楽しみいただけます。

1. 大津と百人一首
 琵琶湖ホテルは『リスペクトローカル』を大切なテーマとして掲げ、地域の魅力を伝え、滋賀県産の食材を楽しんで味わっていただけるようなメニュー開発に一貫して取り組んでいます。
[画像2: https://prtimes.jp/i/83761/2/resize/d83761-2-02f8665c5706cef53262-1.jpg ]

 大津市にある近江神宮には、大化の改新や大津京遷都で知られ、百人一首第一番の歌の作者である天智天皇が祀られています。神宮内の近江勧学館では、毎年競技かるたの名人位戦やクイーン位戦、全国高等学校かるた選手権が開催され、「かるたの聖地」として全国の競技者の夢の舞台となっています。
 また、市内には歌道の神様とも言われる猿丸太夫の墓があったと伝えられ、百人一首に関わる逸話の多い土地です。

2.スイーツに込められた和歌の意味を紐解く楽しみ
 今回は秋の歌を中心に7首を選び、スイーツやドリンクにしました。味、色、形はもとより、香りや温度にも歌のイメージを重ね、パティシエの遊び心が詰まっています。じっくりとスイーツやお茶を楽しみながら、秋の歌に思いをはせ、日常から解き放たれる時間をお過ごしください。

[画像3: https://prtimes.jp/i/83761/2/resize/d83761-2-8b22f4a9a7414c0ca5fd-2.jpg ]


「あらざらむ この世のほかの 思ひ出に いまひとたびの あふこともがな」和泉式部
恋心をイメージして小さなバラの花のようなアップルパイに仕立てました。情熱を伝えるような温かいパイとひんやりとしたアイスのハーモニーを楽しんで。


[画像4: https://prtimes.jp/i/83761/2/resize/d83761-2-cda27c5d872c687d8892-3.jpg ]

「秋風に たなびく雲の たえ間より もれいづる月の かげのさやけさ」左京大夫顕輔
ひときわ美しく輝く秋の満月を思わせる、かろやかな味わいの洋ナシのムース。たなびく雲にもジューシーな洋ナシを飾り、秋の夜空を描いた甘酸っぱい一皿。


[画像5: https://prtimes.jp/i/83761/2/resize/d83761-2-68c37978f01ca46a7cbb-4.jpg ]


「奥山に もみぢふみわけ なく鹿の 声聞くときぞ 秋はかなしき」猿丸太夫
モンブランはまろやかな舌触りと深いコクが魅力の秋の代表的なスイーツ。滋賀県産の朝宮抹茶と栗の2色のモンブランを大小並べ、鹿が住む山並みを表現しました。


3.可愛く地産地消!ご当地食材を使ったセイボリー
 滋賀県産の食材を多く取り入れながら、アフタヌーンティーらしい可愛らしさにもこだわりました。琵琶湖を訪れた思い出になるように、とシェフが工夫を凝らしたセイボリーです。
[画像6: https://prtimes.jp/i/83761/2/resize/d83761-2-ed250b66c132f24ba29a-5.jpg ]


「みよしのの 山の秋風 さ夜ふけて ふるさと寒く 衣うつなり」参議雅経
「ふるさと」とはいにしえの都があった場所のこと。かつて大津京が置かれた滋賀県の美味しいものをぎゅっと詰めた、玉手箱のようなセイボリーをご用意。近江牛や大マス、伊吹ハムの生ハムなどを使ったメニューを、一口サイズでお召し上がりください。


4.スイーツ監修のご協力

[画像7: https://prtimes.jp/i/83761/2/resize/d83761-2-dc0dfe521db8e626cc25-8.jpg ]

大津あきのた会
一般社団法人全日本かるた協会加盟団体。主に大津市内を中心に活動する、百人一首競技かるたの愛好会。近江勧学館を中心に技量向上のための練習会等を開催している。全国競技かるた各会対抗団体戦優勝3回、国民文化祭における都道府県対抗競技かるた団体戦で滋賀県チームとして準優勝3回。会員は本多恭子クイーン(第64期)をはじめ、およそ200名。

[画像8: https://prtimes.jp/i/83761/2/resize/d83761-2-17855cacad6e7092cb03-7.jpg ]


遠山 利子(とおやま・としこ)歌人
京都女子大学在学中より前登志夫に師事。NHKカルチャーセンター梅田・京都で「短歌教室」「古典教室」講師。「ヤママユ」創刊同人、同編集委員、現代歌人協会会員。歌集に「風連別川」「からすのゑんどう返事をなさい」「れんこんの穴」。京都市在住。


5.『秋の百人一首アフタヌーンティー いまひとたびの』 開催概要

開催期間:2021年10月1日(金)~11月28日(日) 金・土・日・祝日 限定開催
     ※前日15:00までの要予約。組数限定。当日予約を受け付ける場合あり。
開催時間:14:30~16:30 (最終入店15:00) 
開催場所:琵琶湖ホテル2階 「イタリアンダイニング ベルラーゴ」
料  金:お一人様¥4,500- ※消費税・サービス料込
お問合せ:077-524-1225 (琵琶湖ホテル レストラン予約/10:00~18:00)
詳細URL: https://www.keihanhotels-resorts.co.jp/biwakohotel/restaurant_menu/autumn_afternoontea2021/

新型コロナウイルス感染症に関する取り組み
【新しい生活様式の中のホテルライフ お客様の安全・安心のために~STAY at HOTEL~】
お客様の健康と安全を第一に考え、お客様に安心してご利用いただけるよう、
「琵琶湖ホテル 安全・安心基本ポリシー」に基づき、営業しております。
詳細URL: https://www.keihanhotels-resorts.co.jp/biwakohotel/biwakohotel_safety_security_policy/

※リリースに掲載している写真はすべてイメージです。
※材料の入荷等の都合により、一部メニューが変更となる場合がございます。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング