1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

日本の従業員エンゲージメント・フィードバックソフトウェア市場は、2021年から2027年にかけて9.1%の成長が見込まれる

PR TIMES / 2021年9月22日 9時45分

Astute Analytica社が2021年9月21日に発表した新しいレポートによると、多くの企業が統合型ソフトウェアを採用していることから、統合型セグメントは約9.8%と最も高い成長率が見込まれています。



日本の従業員エンゲージメント・フィードバックソフトウェア市場は、2020年に59百万米ドルの市場価値を持ち、2027年には108百万米ドルに達すると予測されています。予測期間中の市場のCAGRは9.1%となる見込みです。
[画像1: https://prtimes.jp/i/87115/2/resize/d87115-2-2f562723536200954916-0.jpg ]

従業員エンゲージメントソフトウェアは、生産性と従業員の士気を維持するために様々な企業で使用されています。従業員フィードバックソフトウェアは、ビジネスを変革するための実用的なインサイトを提供し、生産性の向上、従業員の維持、業績の管理などに利用されます。この市場は、組織数の増加、先端技術の導入、スマートフォンの普及などの要因によって牽引されると予想されます。

レポートの範囲を確認するためのリクエスト: https://www.astuteanalytica.com/request-sample/japan-employee-engagement-and-feedback-software-market

これらの推進要因にもかかわらず、従業員エンゲージメントソフトウェアのメリットに対する認知度の低さや、統合のための高額な設備投資が、市場成長の妨げになっていると考えられます。さらに、新技術の導入にかかるコストが高いことも、市場の成長にマイナスの影響を与えると考えられます。

グロース・インフルエンサー
先端技術の導入とスマートフォンの採用

職場では、業務上の様々な活動を管理するためにスマートフォンの導入が進んでおり、それに伴って職場での先進技術の導入も進んでいます。デスクトップ型のシステムでは、手作業によるメンテナンスが多く、時間とコストがかかるため、このような導入が特に増えています。一方、スマートフォンのようなデバイスは時間を節約し、従業員の能力向上にも役立ちます。
[画像2: https://prtimes.jp/i/87115/2/resize/d87115-2-fb1a2144e607f54a0123-1.jpg ]

セグメントの概要
日本の従業員エンゲージメント・フィードバックソフトウェア市場は、デリバリー、デプロイメント、オファリング、コンテンツ、プラットフォーム、企業規模などに分けられます。


配信による


スタンドアロン
統合


統合されたソフトウェアが多くの企業で採用されていることから、統合されたセグメントの成長率は約9.8%と最も高くなると予想されます。また、スタンドアロン型の分野も大きな成長が見込まれています。

デプロイメント別


クラウド
オンプレミス

クラウドセグメントは、クラウドベースのソフトウェアを簡単に使用できることから、最大の市場シェアを持つと予想されます。また、組織の上層部がソフトウェアにリモートアクセスすることも可能です。さらに、COVID-19のパンデミック時には、自宅で仕事をするという状況から、クラウドベースのソフトウェアの使用が増えていました。

提供することで


カスタマイズ
ターンキー

これは、各企業の要求に応じて従業員エンゲージメントおよびフィードバックソフトウェアをカスタマイズする需要が高いためです。

コンテンツ別


アンケート
ワークフロー
自動化
アクションプラン
その他

ワークフロー分野は、多くの製品が提供されていることから、最大の市場シェアを占めています。自動化」は、経営者や企業、人事担当者が従業員のエンゲージメントを目的としたり、従業員の不満を検知・予防するために利用するケースが増えていることから、最も高い成長率が見込まれています。


プラットフォーム別


デスクトップ
モバイル

デスクトップ分野は、技術の進歩により、2024年までに52.3百万米ドルの市場規模を超えると推定されています。また、モバイル分野は、スマートフォンの普及により、大きな成長が見込まれています。

企業規模別


小規模企業
中規模企業
大企業


小規模企業では、従業員のイノベーションを促進するために、従業員エンゲージメント・フィードバックソフトウェアの導入が急速に進んでいることから、予測期間中に最も高い成長率が見込まれています。また、大企業や中企業も大きな成長を遂げると予想されます。

競合他社の分析
日本の従業員エンゲージメント・フィードバックソフトウェア市場で活動している主なプレイヤーは、15 Five、Achievers、BAM Creative、Bitrix24、Culture Amp、Hyphen、Impraise、KaiNexus、Motivosity、Officevibe、Qualtrics、Quantum Workplace、Reflektive、Saba Software、Synergita、Teamphoria、Technology Advice、Tiny Pulse、Transcend、Vocoli、Weekdone、Zindaなどの著名プレイヤーです。


市場の主要21社のシェアは約74%と予想されています。これらの市場プレーヤーは、市場での存在感を高めるために、M&Aや共同研究、新製品の発表などを行っています。例えば、2021年8月、クアルトリックス社と資産運用・人事コンサルティング会社のマーサー社は、大手ブランドがよりインパクトのある福利厚生プログラムや従業員体験を開発するために、従業員の嗜好や態度を理解することを支援するために提携しました。この提携により、市場での地位が強化されました。

続きを読む: https://www.astuteanalytica.com/industry-report/japan-employee-engagement-and-feedback-software-market

私たちについて:

Astute Analyticaは、グローバルな分析・アドバイザリー会社であり、お客様に提供してきた具体的な成果により、短期間で確固たる評価を得てきました。私たちは、様々な業種の非常に要求の多いお客様のために、他に類を見ない深く正確な見積もりや予測を作成することに誇りを持っています。当社には、テクノロジー、ヘルスケア、化学、半導体、FMCGなど、さまざまな分野のお客様にご満足いただき、リピートしていただいているお客様のリストがあります。これらのお客様は、世界各地から当社を訪れます。その理由は、複雑なビジネス環境、セグメント別の既存および新規の可能性、技術形成、成長予測、さらには利用可能な戦略的選択肢などを分析しているからです。要するに、完全なパッケージなのです。これは、ビジネスアナリスト、エコノミスト、コンサルタント、テクノロジーの専門家からなる、優秀で経験豊富なチームがあるからこそ可能なことです。私たちの優先順位は、お客様を最優先としています。私たちと一緒に仕事をすることになれば、費用対効果の高い、付加価値のある最高のパッケージを手に入れることができます。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング