BCP対策でITインフラ全面クラウド化を実現! FineCrew クラウド・サービス“iC2”

PR TIMES / 2012年5月9日 15時42分



 日本オフィス・システム株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長:尾嶋直哉、以下NOS )は、水処理のパイオニアとして全国の水処理施設を支える、株式会社西原環境様(本社:東京都港区、代表取締役社長:西原幸志様)のBCP対策をさらに強化したITインフラの全面クラウド化を実現しました。
 西原環境様は、「水の活用を通じて社会に貢献する」を企業理念に掲げ、下水道施設をはじめ、社会生活の基本インフラである水処理において、人々の大切なライフラインを支えてきました。そのライフラインの一つである‘水’を守る事業継続をさらに強化した今回のシステムは、サーバー・ネットワークは国内大手クラウドベンダーのIaasを利用し、基幹システムであるIBM PowerSystems(IBMi)はNOS のPassサービス『FineCrew クラウド・サービス i Computer Cloud(iC2)』を活用したハイブリッドクラウドにて業務プロセス全てに対応したクラウド化を実現しました。

■全面クラウド化を決定づけた、NOSの“iC2”
同社ではこれまでクライアント側の仮想化により、有事の際にはオフィス以外からも社内LANと同様にアクセス可能としてきましたが、全てのサーバーは都内の本社内に設置していたため、よりレベルアップした対策が求められていました。
検討当初よりオンプレミスとのハイブリッドクラウドの可能性は低く、またコスト面においてもスペース、空調、電力、UPSでクラウド化によるメリットが出ることはわかっていました。またランニングコストも、クラウド化により従来はピーク時を想定していたサーバーリソースを適正値にサイジングし、必要に応じて増減可能なクラウドのメリットを生かすことで大幅に削減する目処もたちました。
そこでネックになったのが、基幹システムのクラウド化です。基幹システムのIBM Power Systemsのクラウド・サービスはニッチな市場であり、構成の制限やコスト高、設置場所の問題などがあり汎用的なサービスとはなっていませんでした。また、ユーザーインターフェースはグループウェアで統一され、アプリケーション層とデータベース層は基幹システムで一元管理していたため、大きな設計の見直しは行わない方向での検討も重ねていきました。 

今回導入いただきましたNOSの『FineCrew クラウド・サービス i Computer Cloud(iC2)』は、お客様ご利用中のIBMi環境を弊社提供のIBM Power Systems上で運用・監視を行うサービスです。
お客様のご要望に応じたフレキシブルな運用とオンデマンドの資源提供に取り組んでおり、これまで中堅・中小企業の多くのお客様に活用されているIBM i環境に特化したサービスとして、安心かつ安全にご利用いただき、さまざまなコストの面でも削減を可能にしました。構成や価格面においても同社の要件にマッチした当サービスの採用をいち早くご決断頂き、堅牢な設備と可用性の強化が評価されました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング