猛暑の疲れと、厳しい残暑を乗り切るからだに! 濃縮プラセンタと乳酸菌パワーの新しい 【夏バテ対策】 薄着でも携帯できる便利な 『お手軽サプリ』 新発売!

PR TIMES / 2013年9月5日 15時11分

夏に溜まった疲れやダメージを大掃除! からだの中から、元気とキレイをサポートする新しい処方の栄養サプリ

オーデエクラ株式会社(東京都中野区)では、美容と健康をサポートする栄養サプリ 「ぎゅぎゅっと濃縮プラセンタ15,000」を、美容サロン及びドラッグストア等にて9月より本格的に発売いたします。
豊富な栄養素に数々の薬理作用を持つ「プラセンタ」と、善玉菌を増やし腸内環境を整える「乳酸菌」を複合処方。普段の生活の中で、簡単に無理なく摂取できるよう、どこにでも手軽に持ち出せるPTP包装のサプリメントです。



【夏バテの原因に働きかける成分に着目】
夏は、冷房の効いた室内と外気温の温度差が大きくなります。屋内と屋外を出たり入ったりすることで、体がその温度差を繰り返し酷使することになり、その疲れから体温調節機能がコントロールできにくくなってきます。

体温調節機能のコントロールが難しくなってくると、自律神経の調節機能が低下し、その結果内臓機能の低下や食欲不振などから、体に十分な栄養が補給されなくなり、その疲労が蓄積されて「体調の乱れ」「夏バテ」の症状につながってきます。
そこで当社では、大もとの原因にあたる自律神経調節機能を活発にして調節・回復作用を有する「プラセンタ」に着目。高グレードのSPF豚から、独自の製法によって抽出した高機能のプラセンタのみを高配合。1日のおすすめ数量4粒で、贅沢にも15,000mgのプラセンタを摂取することができます。

【夏バテから起こる肌トラブルを抑制】
夏バテで自律神経調節機能が低下してくると、交感神経と副交感神経のバランスも乱れやすくなってきます。
その結果、便秘になったり、そのことから悪玉菌が急増して腸内環境が悪化したり、肌にも弊害が及ぶようになってきます。そこで同製品では、腸内の善玉菌を増やして腸内環境を整え、便秘の改善、肌荒れ予防に働く「乳酸菌(EC-12)」も合わせて高配合。紫外線などで疲れた肌の回復を、からだの中から働きかけていきます。

【飲みやすさ、手軽さもひと工夫】
当製品は、飲みやすく、有効成分を的確にからだに送り届けるため、粒状のカプセルにそのままを詰め込んでいます。更に、製品の品質を安定させるため、またどこにでも必要な数量を持ち運びができるよう、一粒一粒のカプセルをPTP包装しました。出張先や旅先、オフィスなどへも手軽に携帯でき、どこに居ても簡単に摂取いただけます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング