世界で賞賛された番組『SAMURAI SPIRIT』 全8話(日本語版)がNHK BS1にて一挙放送が決定!!

PR TIMES / 2012年1月16日 11時55分



世界各国にニュースや情報を配信しているチャンネル「NHK WORLD」で2008年より放送していた番組「SAMURAI SPIRIT」(株式会社VECKS制作協力)が、好評につき1月17日よりNHK BS1にて全8話が再放送されることになりました。
世界に知られたSAMURAIの精神が、現代の日本武道にどう受け継がれているのか?日本の武道が目指すものとは何なのか?その秘密を格闘家ニコラス・ペタスとともに探り、現代人が忘れかけている「武士道精神」を見つめ直します。

この番組は、数々の海外映像フェスティバルにノミネートされ、「剣道編」では「ミラノ国際スポーツ映像祭」で奨励賞を受賞。「弓道編」では「ワールド・メディア・フェスティバル2010」で金賞を受賞し、海外でも高い評価を受けています。海外向け放送のため英語で制作されましたが、国内向けに新たにナレーションを再収録。日本語版のナレーターは映画やアニメで活躍する小山力也さん。


SAMURAI SPIRIT 「弓道編」:  1/17(火) 21:00~
シンプルを極めた武道ながら、深い精神世界が待ち受ける弓道。すべての欲を捨てて「無心」になれば、矢は暗闇の中でさえ的を射抜くという。

SAMURAI SPIRIT 「居合道編」:  1/18(水) 21:00~
静寂のなか、空気を切り裂く音だけが響きわたる。それは、日本刀を用いる武道、「居合道」。しかし、刀を振るその先は人間ではない。自分自身を重ねた仮想敵だという。その究極の目的とは?

SAMURAI SPIRIT 「剣道編」: 1/19(木) 21:00~
「剣道」の実力には、年齢が関係ないという。身体的な体力やスピードは衰えても、精神面がそれを埋め合わせるように高まる。心の修行を積んだ達人にその極意を教えてもらった。

SAMURAI SPIRIT 「合気道編」: 1/23(月) 21:00~
まるで魔法のように、何人もの相手を次々と投げ飛ばす「合気道」。しかし、その目指すところは、「争わない事」だという。いったい合気道とは、いかなる武道なのか。

SAMURAI SPIRIT 「古武道編」: 1/24(火) 21:00~
侍たちがその昔、戦場で生き残るために身につけていた殺人術、「古武術」。600年以上の時を経て、「古武道」へと発展を遂げた。平和な時代の今に何故危険極まりない技術を伝えるのだろうか?

SAMURAI SPIRIT 「相撲編」: 1/25(水) 21:00~
自分の肉体だけを唯一の武器に、力と技を競い合う相撲。その最高位に君臨する横綱白鵬が、相撲道における「武士道精神」を語った。

SAMURAI SPIRIT 「柔道編」: 1/31(火) 21:00~
日本の柔道はただ勝てばいいのではなく、勝ち方にこだわっている。それは「一本」。そこには深い意味があった。

SAMURAI SPIRIT 「空手編」: 2/1(水) 21:00~
己の身体を極限まで鍛えるが、その究極の目的は使わないことだという。では、なぜそこまで過酷な稽古に打ち込むのか?発祥の地、沖縄にその答えがあった。


企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング