日本最大級のクラウドファンディング「MotionGallery」と松竹ブロードキャスティングが提携開始!第一弾は沖田監督最新作『滝を見に行く』!

PR TIMES / 2014年7月23日 13時0分

クラウドファンディングサイト「MotionGallery」は、松竹ブロードキャスティング株式会社と提携し、クラウドファンディングという新しい文化をより一層広げて参ります。



クラウドファンディングサイト「MotionGallery」(https://motion-gallery.net)は、松竹ブロードキャスティング株式会社(http://www.broadcasting.co.jp)と提携し、クラウドファンディングという仕組みがもたらす、クリエィティブと生活者がネットを介して直接関わって行くという新しい文化を広め、かつてのATGのような映画を製作して行きます。

本提携により、松竹ブロードキャスティング株式会社が「ATGのような純粋な映画をもう一度作れないだろうか」という思いから新たに立ち上げる製作・公開プロジェクトのクラウドファンディングをMotionGalleryを通じて継続的に行っていきます。

また、「MotionGallery」内に「松竹ブロードキャスティング」のキュレーションページを開設し、「松竹ブロードキャスティング」が製作に関わるプロジェクトのみが集まるページを立ち上げます(https://motion-gallery.net/shochiku-broadcasting)。
それにより、「松竹ブロードキャスティング」が製作に関わるプロジェクトを選ぶ事が出来る様になり、より一層クリエィティブと生活者の関わりを深めて参ります。

本提携の第一弾の作品として、『南極料理人』『横道世之介』の沖田修一監督の“秘蔵企画” 『滝を見にいく』のプロジェクトがスタート致します。


■映画『滝を見にいく』とは

『南極料理人』『キツツキと雨』『横道世之介』等、絶妙なユーモアと独特の観察眼で、ほのぼのとした日常や温もりのある人間模様を描き、多くの映画ファンの心をつかんできた映画監督・沖田修一が、長年温めてきた“秘蔵”の映画『滝を見にいく』は、「滝を見にいくツアーに参加した7人のおばちゃんが、山で迷子になる」ストーリー。
「こんな企画は普通の映画会社はやらないでしょ」と思っていた沖田監督に、たまたま新しい映画作りを模索していた松竹ブロードキャスティングが声をかけ、監督が所属するプロダクション(パレード)が賛同するかたちで制作がスタート。「今、撮りたい!」と思う〈オリジナルの題材〉を、〈新人俳優〉を起用して映画をつくるという、現状のメジャー映画では考えられない、新たな映画作りのカタチを目指して製作されました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング