Winスクール iOS/Android両対応のスマホ・タブレットアプリ開発講座を全国で開講

PR TIMES / 2012年3月8日 11時6分



〜 Adobeの支援のもと、PhoneGapを用いた新しいアプリ開発講座を制作&展開開始 〜


パソコン・WEB・CAD・ITが身につくパソコンスクール「Winスクール」を全国で運営するピーシーアシスト株式会社(代表取締役 下坂 久司、本社所在地 京都府京都市下京区、以下「ピーシーアシスト」)は、アドビシステムズ株式会社(以下「Adobe」)の支援のもと、iOS/Android両対応の新しいスマートフォン・タブレット端末向けのアプリケーション開発講座を制作、全国70カ所の教室で3月より開講いたします。本講座では、「Adobe Dreamweaver CS5.5」に搭載されたモバイルアプリケーション開発用フレームワーク「PhoneGap」を用いたアプリケーション開発手法を学習します。PhoneGapはWEB標準技術をベースに、プラットフォームに依存しない開発手法を提供するため、本講座を受講することで、iOS/Android両対応のスキルを一度に習得することができます。またWEB標準技術をベースにしているため、初心者の方のみならず、WEBデザイナーやWEBプログラマーにとっても学びやすいおすすめの講座です。


◆ PhoneGapについて
Adobeが開発する業界スタンダードの最新版WEBオーサリングソフト「Adobe Dreamweaver CS5.5」に搭載されたモバイルアプリケーション開発用の統合フレームワークです。HTML5やCSS3、JavaScriptなどのWEB標準技術をベースに、iPhoneやiPadなどのiOS向けのアプリケーションのみならず、Android向けのアプリケーションやWindows Phone向けのアプリケーションの開発も行えます。従来は、ターゲットとする端末やプラットフォームごとに異なるプログラミング言語や開発手法でアプリケーション開発を行う必要がありましたが、PhoneGapではDreamweaver を開発環境にWEB標準技術を用いた統一的な開発が行えるため、スマートフォン・タブレット端末向けのアプリケーション開発の分野で、現在、非常に大きな注目を集めています。

詳細URL: http://phonegap.com/


◆ スマートフォン・タブレットアプリ開発(PhoneGap)講座
Adobe Dreamweaver CS5.5を開発環境として利用し、ボイスレコーダーやお絵かきアプリ、カメラアプリなど4種類のアプリケーションの制作を通じて、PhoneGapを用いたスマートフォン・タブレット端末向けの新しいアプリケーション開発手法を学習します。制作したアプリケーションは、エミュレーターならびに実機を用いて動作確認を行います。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング