CADTOOL フレーム構造解析10をバージョンアップして発売

PR TIMES / 2012年5月11日 15時14分



キャデナス・ウェブ・ツー・キャド株式会社(東京都北区:代表取締役社長 上田義男)は、骨組構造物の技術計算ソフト「CADTOOLフレーム構造解析10」をマイナーバージョンアップしCADTOOLフレーム構造解析10.1を発売します。

フレーム構造解析には「2D」、「3D」、「3D動解析」の3製品がラインナップされており、機械・建築・土木・プラント設計など幅広い分野にてご利用いただける、汎用の構造解析ソフトウェアです。初心者からベテランまで幅広くご利用いただけます。

2012日5月29日より、弊社ダイレクト、当社販売店、全国の有名パソコンショップ、インターネット販売サイトにてお求めいただけます。また既に、「CADTOOLフレーム構造解析10」をご利用いただいているユーザーの方は、無償で新バージョンをご利用いただけます。


-----------------------------
■ CADTOOLフレーム構造解析とは?
-----------------------------
はり、トラス、ラーメンなどの実際の構造に合わせて、支持条件・荷重条件・部材などの設定を行い、応力解析などを計算できる構造計算ソフトです。平面構造の計算用の「2D」、平面構造と立体構造共に対応した「3D」、また静解析に加え立体の動解析を可能にした「3D動解析」の3パッケージをご用意いたしました。機械設計をはじめ建築・土木まで幅広い分野にご利用いただいております。

■CADTOOLフレーム構造解析10 2D
FEMモジュールを用いた構造計算ソフトです。はり/トラス/ラーメンの実際の構造に合わせて、支持条件や荷重条件の設定ができます。また、断面形状のDXFがあれば、断面性能の計算を行い、構造計算に利用できます。

■CADTOOLフレーム構造解析10 3D
はり、トラス、ラーメンなどの実際の構造に合わせて、支持条件・荷重条件・部材などの設定を行い、応力解析などを計算できる構造計算ソフトです。2次元機能(平面上ではり・トラス・ラーメンの解析)と3次元機能(立体骨組解析)を搭載。さらに、DXFファイルの断面形状から断面性能やねじり関係の計算を行い、3Dの解析で利用することができます。

■CADTOOLフレーム構造解析10 3D動解析
「CADTOOLフレーム構造解析 3D動解析」とは、「CADTOOLフレーム構造解析3D」で行える静解析に加え、時間軸を慮した動解析(立体振動モード解析や 立体振動応答解析)の計算が行える技術計算ソフトです。はりの計算から平面・立体の静解析、動解析とすべての機能を収録しており、幅広い用途にご利用いただけるパッケージです。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング