「みんなの株式」中国進出のお知らせ

PR TIMES / 2012年6月22日 11時3分



香港有数の金融グループHenyep Groupとの提携により、
「みんなの株式」の中国版サービス「財庫」(ツァイクー)の提供を本日開始


株式会社みんかぶ(以下「当社」、本社:東京都港区、代表取締役 瓜生憲)は、香港有数の金融グループであるHenyep Group(以下「Henyep」)と提携し、日本最大級の個人投資家向けソーシャルメディアである「みんなの株式」(http://minkabu.jp/)の中国版サービス「財庫」(ツァイクー、http://caiku.com/)の提供を本日より開始いたしました。
「財庫」は、日本国内で提供している「みんなの株式」の既存機能に加え、世界的に普及が進むマイクロブログに金融の要素を組み入れた「微股吧」(ウェイグーバー)等、海外版独自の機能も実装した、当社にとって初の海外版「みんなの株式」となります。当社は、この度、Henyep並びに現地中国の金融情報サービス分野で多くの実績を積んできた人材と共同で、「みんなの株式」を中国市場の需要に対応する「財庫」へと進化させました。


今回のサービス開始に際して、当社代表取締役である瓜生憲は次のように述べています。

「我々は、Henyepと共同で2009年に子会社としてMasstune International, Ltd.を香港に設立し、「みんなの株式」の海外展開に向けた準備を進めて参りました。今回、その第一弾として中国で「財庫」のサービスを開始しました。「財庫」は、我々が日本で育てたサービスに、世界でオンライン金融サービスを展開してきたHenyepのノウハウと、これまで中国の金融情報サービスの発展に長く携わってきた現地メンバーの英知を新たなエッセンスとして加えることで、中国でも競争力のあるサービスに進化していると確信しています。現在、当社では、中国以外の国・地域へのサービス展開に向けた準備も進めていますが、我々の手掛ける海外展開は単に面取りを目指したものではありません。我々のサービスの本質は“Crowd Analysis”(集団による分析)にあり、日本国内でも多くの投資家が日本株の運用においてこのCrowd Analysisを意識的、無意識的に関わらず利用するようになりました。我々の中国進出により、中国人がこのCrowd Analysisに参加することで現地にいる彼らの考える中国株の姿が見えてくるでしょう。世界中一人でも多くの方に、我々が生み出したCrowd Analysisの仕組みに賛同いただき、リアリティに溢れた投資情報(=世界の投資家の声)を、より多くの皆様にお届けするため、今後も事業を推進して参ります。」

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング