CHEER UP ILLUSTRATION PROJECT -東北の子供たちと共に- ぼくの、私のスーパースター!坂井永年と絵を描こう

PR TIMES / 2012年2月22日 9時11分

セールスプロモーション企画制作会社の株式会社フロンティアインターナショナル(東京都渋谷区、代表取締役 河村康宏)は、プロスポーツ選手や有名タレント等の人物イラストで著名な坂井永年氏と連携し、東日本震災復興支援イベントの一環としてCHEER UP ILLUSTRATION PROJECTを立ち上げました。フロンティアインターナショナル(以下フロンティア)では、昨年の3月11日以降、NPOやボランティア団体等を通じ様々な形で復興支援活動をおこなってまいりました。一方、坂井氏は阪神大震災の際に、プロ野球オールスター戦のチャリティーTシャツのデザインを描く等のボランティア活動をおこなってきました。この度、両者が手を組み立ち上げた当プロジェクトは被災地の子供たちと共に著名人の巨大イラストを描くことで楽しんで元気になってもらい、地域周辺の大人たちにも少しでも元気になってもらおうというものです。
又、描き上げた作品は坂井氏の多くのスーパースターの作品群と共に今年3月3日~3月11日に千葉県浦安市舞浜にある商業施設IKSPIARIにて開催するエキシビジョン(展示イベント)に出品・展示します。巨大イラストを通じて被災地の子供たちの元気な様子を多くの人たちにも知ってもらい、日本中にさらに絆を深めるきっかけになればと願っています。

当プロジェクトを立ち上げるにあたり、イラストモデルとなるスポーツ選手やタレントさんをはじめ多くの企業や団体の方々のご支援やご協力を頂きました。特にプロジェクトの中心となるワークショップについては被災地の幼稚園や小学校の関係者の方々にプロジェクトの意義に対し深いご理解を頂けたことが実現にこぎつけた第一の要因です。
この度、ご案内するものは、学校法人まこと幼稚園(福島県いわき市、理事長兼園長 楠洋興)で1月28日(土)に実施した一回目のワークショップ
、第二弾として実施しました仙台市立岡田小学校と、仙台市立東四郎丸小学校合同でのワークショップに続く第三弾として2月27日(月)に
大槌町立吉里吉里小学校(岩手県上閉伊郡大槌町)にて実施するイベントになります。
お笑いタレントのアントニオ小猪木氏を迎え、24名の児童と共にイラストレーター坂井氏が巨大イラストを描き上げます。

次回は最終回として3月1日(木)に浦安市立美浜南小学校(千葉県浦安市)でワークショップを実施します。その後3月3日~3月11日に千葉県浦安市舞浜にて開催するエキシビジョン『ぼくの、わたしのスーパースター!展with坂井永年』でも東北3県と千葉でのワークショップで制作した巨大イラストを一緒に展示します。エキシビジョン開催中には会場内に募集箱を設置し、集まった募金はワークショップに協力頂いた幼稚園や小学校に寄付し、子供たちのために役立てて頂きます。

CHEER UP ILLUSTRATION PROJECT実行委員会は、被災地の子供たちの笑顔が何よりも日本を元気にすることと信じて、
そしてご支援、ご協力を頂く多くの方々との絆に感謝し、当プロジェクトの成功を目指してまいります。

■当日の取材に関するお問い合わせ先■
大槌町立吉里吉里小学校
担当:佐々木  TEL:0193-44-2210 / FAX:0193-43-1002

■本プロジェクト、本資料に関するお問い合わせ先■ 
CHEER UP ILLUSTRATION PROJECT 実行委員会事務局 (フロンティアインターナショナル内) 
担当:武政  TEL:03-5778-3183 / FAX:03-5778-6516/ 当日のご連絡先・武政携帯(090-9830-4271

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング