SKINS 自転車プロロードレース選手 土井 雪広選手と アドバイザリー契約を締結

PR TIMES / 2012年2月17日 9時11分



 コンプレッションウエアブランドのSKINS(スキンズ)を、輸入総代理店として日本国内で展開するカスタムプロデュース株式会社《本社:千葉県我孫子市、代表取締役社長:郷右近 貞夫》は、プロチーム「プロジェクト1t4i」に所属する自転車プロロードレース選手、土井 雪広選手とアドバイザリー契約を締結致しました。

 土井 雪広選手は、2010年ツアー・オブ・ターキーで総合6位、2011年、ブエルタ・ア・エスパーニャに日本人として初出場するなど、好成績を積み上げて選手生活を送っております。
 同選手は、主にトレーニング時、移動・リカバリー時にSKINS製品を着用します。

【土井 雪広選手のコメント】
<トレーニング中、どのようにスキンズを使用されていますか?>
僕自身着用するのは主にランニング時とウエイトトレーニング時。どちらのトレーニングを行っていても膝回りや、大腿四頭筋の動きが良く、効率の良いトレーニングが行えていてとても満足です。

<リカバリーや移動など、オフには、どのように使用されていますか?>
自転車ロードレースは、ヨーロッパ全土、時にはスペイン、時にはイタリア、時にはドイツなどと、車移動、飛行機、長距離移動が多いスポーツの一つ。その移動の際に着用していますが、脚のむくみが軽減出来ていますし、長時間着用していても苦になりません。(個人差)就寝時は上下着用したりもしますが、リカバリーの早さを十分に体感できていてとても満足です。グランツアーのような3週間のステージレース時は本当に重要になってくるでしょう。


<土井 雪広選手 着用モデル>
■A400シリーズ(トレーニング時)
メンズロングスリーブトップ Black/Yellow ¥12,600
メンズロングタイツ Black/Yellow ¥16,800

■RY400シリーズ(リカバリー・移動時)
メンズロングスリーブトップ Graphite ¥12,600
メンズロングタイツ Graphite ¥14,700


【土井 雪広選手について】
 小学生時にアルペンスキーのトレーニングの一環として自転車に乗り始め、中学生時に本格的にロードレースに転向する。
山形電波工業高等学校、法政大学を経て、2004年よりシマノレーシング(現スキル・シマノ)でプロ入り。
2005年から主に欧州でレース参戦し、2007年、ツアー・オブ・シャム総合2位、ツール・ド・ランカウイ総合8位、ツール・ド・北海道総合5位及び山岳賞獲得。2008年、宇都宮で開催されたジャパンカップサイクルロードレースでは日本人最高位の総合9位、アジア最優秀選手に選出される。
2010年、ツアー・オブ・ターキー総合6位。2011年、ブエルタ・ア・エスパーニャに日本人として初出場を果たす。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング