研究の生産性を高めるSciFinder(R) の強化 化学反応情報の評価方法を変える新技術

PR TIMES / 2012年10月11日 15時43分



米国オハイオ州コロンバス発(2012年10月9日現地時間発表) - 化学情報の世界的権威であるChemical Abstracts Service (CAS)はSciFinder - the choice for chemistry research(TM)の大幅な強化を発表しました。今回のバージョンでは反応回答集合の分類機能が強化され、また他ユーザーとの情報共有が一層容易になりました。

今回の強化により回答集合中の反応を約500のよく知られた反応タイプ(たとえば「ニトロ化合物のアミンへの還元」)に分類できるようになりました。これによって多様で大きな回答集合を迅速に評価できます。反応をタイプ別にまとめられるので合成経路の選択が容易になります。

また、物質の合成経路の候補を構築するためのSciFinderのSciPlanner(TM)機能で作成したプロジェクトを共有する機能が追加されました。このSciPlannerに追加されたインポート/エクスポート機能によってSciFinderの利用者同士がワークスペースを共有できるようになり、共同作業が一層容易に行えるようになりました。

この改善はSciFinderの継続的な強化の一環として行われました。2011年12月には物質回答集合の関連性に基づいたソート機能と、生物活性情報のbioactivity indicatorおよびtarget indicatorが導入され、化学や生物学の研究者が必要度の高い情報に迅速にアクセスできるようになりました。2012年2月には試薬・化成品の販売元、価格、入手可能性の情報へのワンクリックアクセスが可能になり、物質検索からメーカー購入ページへ直接リンクし注文ができるようになりました。更にその2ヶ月後には物性値による物質検索、CAS登録番号による構造式の呼び出し、物質・文献情報のポップアップ表示機能など、検索の利便性を一層高める機能が追加されました。

また近日中に、約20万件の実測NMRスペクトルがSciFinderに追加される予定です。これにより物質の特徴づけや同定が一段と容易になります。

CASのマーケティング部門の最高責任者のクリスティン・マッキューは、「SciFinderは利用者のニーズに合わせて絶えず進化してきましたが、同時にSciFinderの独自性はCASに所属する科学者が分析と品質管理する、かつ工業界をリードし得る速報性のあるコンテンツにあることも認識しています。CASの特許情報は他の科学情報検索サービスよりも多くの特許発行機関をカバーしています。新規物質の70%は特許に由来することもあり、SciFinderでの物質情報・反応情報の提供方法を常に開発しています」と述べています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング