完全屋外型サイネージ機器 5月中旬より販売開始

PR TIMES / 2012年5月9日 15時26分



完全屋外型サイネージ機器 5月中旬より販売開始
映像配信システム「Cloud Edge(クラウドエッジ)」搭載により、
大規模な初期投資不要で、ネット回線があれば則導入も可能

株式会社オックスプランニング(本社:東京都渋谷区、代表取締役:三浦嚴嗣、以下 オックスプランニング)は、HYUNDAI IT JAPAN株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:呉榮錫、以下HYUNDAI IT)に製造委託をした、完全屋外型(全天候対応)サイネージ機器「Viviny(ヴィヴィニー)」の販売を5月中旬より開始いたします。

1.『Viviny(ヴィヴィニー)』の特徴
■ 全天候対応可能の完全屋外型
■ 屋外型スタイリッシュデザイン(白・黒2タイプ)
■ HUNDAI製オリジナル高輝度ディスプレイ採用(21.5インチ 最大輝度1200cd/m2 )
■ オリジナル筐体(飛散防止&強化ガラス仕様のフロントパネル、冷却用ファン搭載、ヒーター内蔵、照度センサーで自動輝度調整・ステレオスピーカ内蔵)
■ フロントパネル面に装飾を施すことで、オリジナルデザインでの導入が可能
■ ネットワーク配信対応(スタンドアローンタイプ選択可能)
  →クラウドエッジ搭載モデル(3G通信・Wi-Fi通信にも対応)
■ クラウドエッジ搭載により、大規模な初期投資不要。また、インターネットに接続可能な回線があれば、即導入も可能。
  ※クラウドエッジの詳細は、下記にてご参照下さい。
    
2.商品概要
・ サービス名称  :Viviny(ヴィヴィニー)
・ 販売開始時期  :平成24年5月中旬
・ サービススペック:下記仕様書をご参照下さい。
・ 専用サイト   :http://viviny.occs.co.jp/

3.Cloud Edge(クラウドエッジ)に関して
  Cloud Edge(以下クラウドエッジ)とは、デジタルサイネージ運用の為の、配信管理アプリケーションをASPで提供するサービスです。ASPサービスの為、大規模な初期投資が不要で、インターネットに接続可能な回線があれば直ぐに導入できる事から、既に800アカウントの導入実績がございます(2012年3月末現在)。専用放映端末が14cm角と小型なので、設置場所を選ばない点もメリットの一つです。

4.各社の特徴
■オックスプランニングは、クラウド型デジタルサイネージ配信サービス「クラウドエッジ」を強みとしており、平成16年より(全国1,200ヶ所、3,000面の設置・運用実績)デジタルサイネージ事業を展開しております。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング