10月16日は世界食糧デー 国際協力イベント「SKIP MEAL 2012」を開催します!

PR TIMES / 2012年9月27日 14時16分



特定非営利活動法人ワールド・ビジョン・ジャパン(東京都中野区、常務理事・事務局長 片山信彦)は、10月16日の世界食糧デーにあわせて、食事を抜くこと(=SKIP MEAL)をきっかけに、世界の食糧問題に対して具体的な行動を起こす若者向けイベント「SKIP MEAL 2012 ~FAMINE みんなでつくろう空腹のない世界~」を、2012年10月8日(月・祝)に開催します。

このイベントは、大学生を中心としたワールド・ビジョン・ジャパンのユースボランティアが企画・運営を行っています。「“食べない”ではなく“食べられない”」を体験することをキーワードに、食事を抜くという体験を、食糧支援への寄付やチャリティーウォークなどのアクションにつなげます。

【イベント概要】
■日時: 2012年10月8日(月・祝) 11:00-18:00
■場所: 国立オリンピック記念青少年総合センター 国際交流棟レセプションホール
      〒151-0052 東京都渋谷区代々木神園町3-1
■主催: 特定非営利活動法人ワールド・ビジョン・ジャパン
■企画/運営: ワールド・ビジョン・ジャパン ユースボランティア
■対象: 高校生以上の若者
■定員: 150名
■参加費: 無料
■内容: 
1.SKIP MEAL:
イベント開催中、参加者は昼食を抜き、昼食代をアフリカでの食糧支援のために寄付するSKIP MEALに挑戦します
2.「教科書にのっていないアフリカ」スクール版:
アフリカの厳しい現状を生き抜く子どもたちの人生を疑似体験します
3.ルドさんに聞いてみよう!
ジンバブエ出身で、ワールド・ビジョン・南部アフリカ地域リーダーを務めるルド・ワランバに、アフリカの食糧事情について話を聞きます
4.チャリティーウォーク
イベント参加者がプラカードや横断幕を持って、飢餓・貧困についてアピールしながら都心をパレードします。

なお、10月1日(月)~16日(火)は、オンラインでご参加いただけます。食事を一回抜くごとに500円の募金ができ、集まった募金はワールド・ビジョンが行う食糧支援に使われます。
詳しくはこちら: http://www.worldvision.jp/involve/skipmeal2012/


企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング