関西エリアへの旅行を検討している海外居住者に向けたウェブサイト「大阪・京都・神戸 黄金路線360°」を6月5日に開設しました

PR TIMES / 2012年6月6日 12時19分



阪急阪神ホールディングスグループでは、経済・文化の西の中心地として賑わう「大阪」、歴史と伝統に培われた古都「京都」、港町として洗練された趣を持つ「神戸」という、異なる魅力を持つ三都市を主要な事業基盤に、鉄道やホテル、エンタテインメントなどのさまざまな事業を展開しています。

今般、これらの強みを活かし、アジア主要国をはじめとする各国の方々に向けて、三都市を中心とした関西エリアへの訪問を促進するために、ウェブサイト「大阪・京都・神戸 黄金路線360°」を開設し、当社グループ独自の観光情報の発信を開始しました。海外から日本を訪れる観光客の方々に、関西を訪問地として選択していただき、さらには、三都市の旅を満喫するために役立つウェブサイトを目指しています。

【サイト名】「大阪・京都・神戸 黄金路線360°」(http://www.kansai360.net/
中国語(簡体字・繁体字)、英語、韓国語に対応
※上記のうち、英語、韓国語のサイトオープンは、6月29日を予定しています。

タイトルの『360°』は、大阪・京都・神戸という関西三都市の観光情報をあらゆる観点からお伝えするという意味と『360°写真』というキー・コンテンツを持つことを表現しています。

【主要コンテンツ】
(1)モデルルート案内
三都市にある魅力的なスポットを、さまざまな観点でピックアップし、観光客が効率的にスポットを巡ることができるよう、1日単位のモデルルートとして案内します。
関西訪問は初めてというビギナー向けルートから、リピーター向けのテーマ別ルートまで、多彩なプランをご用意しています。また、日本に在住している外国人が実際に一部ルートを案内します。

(2)360°写真
三都市の魅力あふれるスポットを、360°画像にして紹介します。切り取られた一方向からの写真でなく、周りの風景を全方位的に写し込む技術で撮影した写真を通じて、ウェブ上でありながら、まるでその地に仮想旅行したような体験ができます。また、斬新な視点で各スポットの情報を提供し、話題喚起に貢献します。

※紹介する各スポットは、Googleマップとの連動により、地図上でも確認が可能です。
※本サイトには、「新浪微博(シナ・ウェイボー)」や「Facebook」など、ソーシャルネットワーキングサービスとの連動機能を備えており、アクセスいただいた観光客の方々が、ご自身の感想などとともに本サイトから得られた情報をお友達などに共有することができます。


阪急阪神ホールディングス グループ経営企画部(広報担当)
Tel:06-6373-5092
URL:http://holdings.hankyu-hanshin.co.jp/

海外からのお問い合わせは、
グループ経営企画部(グループ政策担当)
Tel:国際識別番号+81-6-6374-6080


発行元:阪急阪神ホールディングス
     大阪市北区芝田1-16-1

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング