ザイリンクス、世界初のヘテロジニアス 3D FPGA を出荷開始

PR TIMES / 2012年5月31日 12時17分



ザイリンクス、世界初のヘテロジニアス 3D FPGA を出荷開始


28Gbps トランシーバーの 3D 統合によって Nx100G および
400G ラインカード ソリューションに対応する飛躍的な帯域幅と
シグナル インテグリティを実現



ザイリンクス社 (本社 : 米国カリフォルニア州サンノゼ、NASDAQ : XLNX) は5 月 30 日 (米国時間)、世界初の 3D ヘテロジニアス All Programmable 製品である Virtex(R)-7 H580T FPGA の出荷を開始したことを発表した。最大で 16 個の 28Gbps トランシーバーと 72 個の 13.1Gbps トランシーバーを備える Virtex-7 HT デバイスは、ザイリンクスのスタックド シリコン インターコネクト (SSI) テクノロジを採用し、業界で最も広い帯域幅を誇る FPGA であり、Nx100G および 400G ラインカードのアプリケーションと機能に対応するシングル チップ ソリューションを提供する。Virtex-7 HT デバイスとザイリンクスが提供する最先端の 100G ギアボックス、イーサネット MAC、OTN、
Interlaken IP などを活用することで、CFP2 光モジュールへ移行する際に要求されるエリア、消費電力、そしてコストの要件を満たすシステム統合が可能になる。

ザイリンクスは SSI テクノロジを採用することで、TSMC 社の 28nm 高性能/低消費電力プロセスを採用した大容量デバイスを構築しただけでなく、過去最多となるトランシーバーを搭載することにも成功し卓越したシステム性能を実現する。競合するモノリシック FPGA で、28Gbps チャネルはこの 4 分の 1 の数しか統合できない。さらに Virtex-7 HT デバイスのヘテロジニアスな実装によって、コア FPGAと 28Gbps トランシーバーのダイに別々のテクノロジを選択できるようになるため、システムの消費電力を浪費するだけで演算タスクにメリットのない、高リーク電流のトランジスタによる FPGA への負荷が軽減される。28Gbps トランシーバーをコア FPGA ファブリックとは別のシリコンに実装することで優れたノイズ分離が可能となり、最良のシグナル インテグリティおよびシステム マージンが達成されるだけでなく、デザイン クロージャの生産性向上によって Time-to-Market も短縮される。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング