エクイニクス、アジア・パシフィック地域のビジネス拡張のため、Asia Toneより2億3,050万ドルでデータセンターの買収に合意

PR TIMES / 2012年6月5日 9時24分

中国におけるエクイニクスの拠点を強化し、高い成長市場に向けたグローバルビジネスの需要をサポート

カリフォルニア州レッドウッドシティおよび香港-2012年5月1日-データセンターサービスをグローバル展開する Equinix, Inc.(Nasdaq: EQIX、以下エクイニクス)は本日、香港を拠点とするデータセンター事業者のAsia Toneが所有する特定の資産およびその運用を2億3,050万ドルの現金で買収することで最終合意に至ったと発表しました。これにより、エクイニクスは香港、上海、シンガポールのアジア主要3マーケット内の5ヵ所のデータセンター、1ヵ所の災害復旧センター、1ヵ所の建設中のデータセンターを取得することになります。Asia Toneは戦略的な顧客ベースを有しており、その中には多くのエクイニクスのお客様が含まれています。

エクイニクスのプレジデント兼CEOであるSteve Smithは、以下のように述べています。「Asia Toneの買収は、エクイニクスがアジア・パシフィック市場でリーダーシップを築くうえでの重要なマイルストーンになることでしょう。当社は、ここ数年で最も急激に成長し、高い需要が求められているこの市場に成長の大きな機会を見出しています。特に、高成長市場に進出をねらった多国籍企業からのニーズが高い中国に拠点を拡張できることを大変うれしく思います」

この取引は2012年第3四半期に完了を予定していますが、これによりエクイニクスはグローバル拠点を38市場104データセンターに広げ、アジアにおけるPlatform Equinix(TM)のキャパシティを大幅に向上させることになります。この取引により、エクイニクスはアジア・パシフィック地域のネットワーク、クラウド、金融サービス、コンテンツ事業におけるお客様の高い要求を満たす高品質なデータセンターに加え、経験豊かなスタッフも取得します。取引の一部に含まれる上海の新施設が完成すると、新たに8万平方フィート(約7,432m2 )の床面積が追加されます。この上海新データセンターは2012年下半期にサービス開始を予定しており、同地域に進出を検討しているグローバル企業をサポートします。

Asia ToneのCEOであるCharles Leeは、以下のように述べています。「Asia Toneは長年にわたってコロケーションおよびデータセンターサービスを提供することにより、アジア・パシフィック地域で成長する世界のトップ企業のニーズを満たしてきました。Asia Toneの香港、上海、シンガポールにおける各拠点とエクイニクスのグローバルリーチを組み合わせることは、アジアでの事業拡大を検討する多国籍企業の要望にさらに応えるものになるでしょう」

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング