サイバーリンク、ラインアップを強化した ビデオ編集ソフト”PowerDirector 11シリーズ”を発表

PR TIMES / 2012年9月19日 15時3分



~さらなる高機能を実現、動画色彩調整、音響編集ソフトを加えたスイートや
追加エフェクト、テンプレート搭載の上位版を追加~

2012年9月19日- サイバーリンクは、発売以来世界中でご好評を頂いている、ビデオ編集ソフトPowerDirector(パワーディレクター)の最新バージョン、PowerDirector 11 シリーズを発表しました。

今回のPowerDirectorシリーズは、従来のコンシューマ向けラインアップ「PowerDirector11 Deluxe, Ultra」に加え、新たに、追加エフェクト、テンプレート等を収録した上位版「Ultimate」、さらにプロフェッショナルユースにも対応する、動画色彩調整、音響編集のポストプロダクション向けアプリケーションを加えたスイート製品「Ultimate Suite」をラインアップ。全ての製品グレードにおいて、映像制作の経験やスキルにかかわらず、高品質なビデオ作品を制作いただけます。

CyberLink 最高経営責任者 (CEO) アリス・チャン (Alice H. Chang)は以下のようにコメントしています。
「PowerDirector11 はパフォーマンス、創造性、さらに、品質などビデオ編集のすべてにおいて、最良をお届けします。昨今では、映像鑑賞者と映像クリエーターの境界が曖昧になってきています。私たちはすべてのお客様(スマートフォンでファミリービデオを撮影する初心者のお客様から、ハイエンドの機材でミュージックビデオやショートフィルムなどを手掛けるプロの方々にまで)へ、創造性を高め、クリエーションをお楽しみいただけるソフトウェアをご提供できることを嬉しく思います。」


PowerDirector 11 シリーズ ラインアップ

PowerDirector 11 Ultra (ウルトラ)
64bitネイティブ対応、マルチGPGPUによる高速で快適な編集や、最新の4Kビデオに対応。コンシューマ向け価格帯では初搭載となる機能を含む最新PC技術、映像フォーマットへの対応に加え、「コンテンツアウェア編集」などの新機能や、使いやすくなった編集ツールなどを搭載した新スタンダード。

PowerDirector 11 Ultimate (アルティメット)
PowerDirector11 Ultraの全機能に加え、プロも愛用する高品質エフェクトプラグイン「NewBlueFX」プラグイン22種(ペイントエフェクト、モーションエフェクト)を追加。さらにテンプレートパック3種を同梱したプレミアムエディション。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング