海外進出企業などの需要拡大を受け、技術者サーチサービスを強化

PR TIMES / 2013年2月20日 10時34分

~化学・材料業で求人数伸び率131%増~



 経営層・エグゼクティブ層に特化した人材紹介サービス事業を展開する株式会社リクルートエグゼクティブエージェント(東京都中央区 代表取締役社長:波戸内啓介)は、2013年1月7日より、製造業や化学・材料業などの技術者向けサーチサービスに特化した専門チームに人員を増やし、同サービスを強化します。当社における2012年度4-9月期の技術系求人数は、前年同期( 2011年度4-9月期)比で21%増となり、今後もこの傾向が続くと考えての体制強化となります。

 当社では、2011年4月より技術者向けサーチサービスに特化した専門チームを構成、リテインドサーチ(着手金型モデル) (注1)を開始したことが求人数増加の追い風となりました。分野別では、特にメディカル業や化学・材料業で高い伸び率を記録しています。

 東日本大震災の影響もあり、鈍化していた技術系求人数は、国内メーカーの海外進出が活発化したことも手伝って増加傾向にあります。すでに海外展開が進んでいる自動車、電気メーカーなどに加え、進出が遅れていた業界でも積極的な動きが見られることから、今後もこの増加傾向は続くと当社では考えております。


(注1)リテインド・サーチとは、事業責任者、上級役職者など経営戦略上で重要なポジションを採用する際にご提案させて頂いています。プロジェクトは経験豊富なコンサルタントを中心に構成されるチームによって遂行されます。メンバーはクライント企業のニーズはもちろん事業の将来性、企業風土や慣習などを理解した上でサーチ業務を行い、最適な人材を紹介します。

 リクルートエグゼクティブエージェントではこれからも、ひとりひとりにあった「まだ、ここにない、出会い。」を届けることを目指していきます。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング