春先の「体型変化」に悩む人が7割!! ダイエット前に要チェック!! “春むくみ”が原因の可能性!?

PR TIMES / 2013年4月13日 10時38分

季節特有の「昼夜の寒暖差」による「冷え」と冬場の運動不足による「筋力低下」が原因! 解消法は、「熱の逃げるポイント」の“温め”と「適度な運動」での筋力向上!



「血めぐり研究会 supported by Kao」が、2013年3月に、首都圏(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)在住の20~50代の男女600名に実施したインターネット調査で、女性の5割以上、男性の4割が「冬を経て、太ったと思う」と答え【図2】、春を迎えるにあたり、不安なこととして「体型を元に戻すことができない」と約7割の方が答えました【図1】。さらに「薄着になるのが不安」とも4割が答え、春本番を目前にして自身の体型変化に悩んでいることが分かりました。変化の原因は、冬場の「食べ過ぎ」「運動不足」などの回答に次いで、身体の“むくみ”と7割近くの方が回答【図3】しています。また、気になる部位として、「足」(女性9割、男性7割)・「顔全体」(女性6割、男性4割)・「まぶた」(女性4割、男性4割)が、順に男女共にTOP3【図4】となりました。これらの結果を受けて、本研究会の代表をつとめる東京女子医大附属 青山自然医療クリニック所長・川嶋朗先生は、『体型変化の対策として、ダイエットから意識しがちですが、“むくみ”の解消も重要なポイントです。特に春先は、「三寒四温」「昼夜の寒暖差」による「冷え」や、冬場の運動不足による「筋力低下」が招く“春むくみ”を防ぐことが重要です。』と述べています。


■「ダイエット」の前に要チェック! 「むくみ」の原因は、春特有の「気候変化」による“冷え”と、冬場の運動不足による「筋力低下」にあり!
【東京女子医大附属 青山自然医療クリニック所長・川嶋朗先生】


 川嶋先生によると、『この時期は男女問わず、厚着から薄着に衣替えを行うタイミング。冬は人前で意識することが少なかった体型も、鏡に映った自身の身体を見て、急に気になりだす人も多いでしょう。一般的には、「太った」ことが要因と考え、ダイエットを意識しがちですが、それ以前の身体の異変として、冬場の生活で蓄積した“むくみ”が、春特有の環境の影響で“春むくみ”として表れてしまい、「体型変化」を助長させてしまう可能性があります。そもそも“むくみ”とは、体内組織(細胞)など血管の外側に、余分な水分が溜まった状態のこと。この水分は「血しょう成分」といい、血液の液体部分が該当します。血液が運んできた栄養分や酸素を腎臓や肺などに運び、その役割を果たしたら通常は血液に戻ります。しかし、全身の「血めぐり」が悪いと、成分量が必要以上に増え、静脈がつまったり、リンパ液がスムーズに流れないことで血管に戻らず、細胞間で水分貯留がおこってしまうことで“むくみ”を起こしてしまうのです。』とのこと。
 では、なぜこの時期“春むくみ”は起こるのでしょうか。先生は主に以下の2つの原因が考えられると述べています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング