いよいよ解禁へ!ネット選挙の対応と、そこに潜むリスクとは?

PR TIMES / 2013年5月17日 17時28分

政治関係者、広報、人事部担当必見セミナー

この夏の参院選より、いよいよネット選挙の解禁が決定致しました。
米国では先行してネット選挙への対応が進んでおり、前回の大統領選で勝利した
オバマ大統領もTwitterなどソーシャルメディアの活用で再選を果たしたと言われています。

国内では、現職総理大臣の安倍晋三氏が積極的にTwitterやFacebookの活用をしていますがこの夏のネット選挙では「何を」「どの様に」活用し「何に」気をつけなければならないか、という観点で、各登壇者様よりの講演を頂きます。
国内では初のネット選挙となる事も相まり、かなりの混乱も予想されますが、リスクなどを織り込んだ上で有効に利用する事によって候補者の明暗も分かれるものと思われます。

ぜひこの機会に、情報収集の一環として当セミナーの内容をご覧頂き、積極活用して頂ければ幸いです。


┏―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━

┃■5/23 開催【政治関係者、広報、人事部担当必見セミナー】

┃~いよいよ解禁へ!ネット選挙の対応と、そこに潜むリスクとは?~
┗―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━―━
2013年5月23日(木)に
「いよいよ解禁へ!ネット選挙の対応と、そこに潜むリスクとは?」
を開催致します。

 ▼詳細はこちら(セミナーページ、申込み)▼
http://newmediarisk.org/seminar-info/news0419.html

第一部では4月1日より当協会の会長職に就任しました、
金重より選挙活動におけるリスクに関してご講演致します。

第二部では自民党平井たくや様より、
ネット選挙解禁におけるポイントと対策についてご講演頂きます。

第三部はネット選挙におけるプロモーション支援を行っている
株式会社ガイアックスの江戸浩樹様をお招きし、効果的なソーシャルメディアの運用方法についてご講演頂きます。

この夏の参院選より、いよいよネット選挙の解禁が決定となりました。
米国では先行してネット選挙への対応が進んでおり、前回の大統領選で勝利したオバマ大統領もTwitterなどソーシャルメディアの活用で再選を果たしたと言われています。

国内では、現職総理大臣の安倍晋三氏が積極的にTwitterやFacebookの活用をしていますがこの夏のネット選挙では「何を」「どの様に」活用し「何に」気をつけなければならないか、という観点で、各登壇者様よりの講演を頂きます。
国内では初のネット選挙となる事も相まり、かなりの混乱も予想されますが、リスクなどを織り込んだ上で有効に利用する事によって候補者の明暗も分かれるものと思われます。

ぜひこの機会に、情報収集の一環として当セミナーの内容をご覧頂き、積極活用して頂ければ幸いです。

みなさまのご参加を心よりお待ちしております。


■開催日時:2013年5月23日(木) 15:30~17:45 (受付 15:00~)

■開催会場
TKP東京駅ビジネスセンター1号館
(〒103-0028東京都中央区八重洲1-4-21 共同ビル)
地図: http://tkptokyo-bc.net/access.shtml

■参加費
1,000円

■定員:先着60名

 ▼お申込みはこちら▼
 →https://newmediarisk.org/contact/seminar

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング