和上住電株式会社(大阪府大阪市、石橋 大右社長)は、3月14日、三重県南伊勢町において、9.6MWの太陽光発電事業を実施すると発表した。

PR TIMES / 2014年3月14日 9時54分

三重県南伊勢町において、9.6MWの太陽光発電事業を実施すると発表した。

三重県で最大級のメガソーラー発電所となる予定。




和上住電株式会社(大阪府大阪市、石橋大右社長)は、3月14日、三重県南伊勢町において、9.6MWの太陽光発電事業を実施すると発表した。

同社は、インターネットで主に戸建て、マンション、アパートのオーナー様向けに太陽光発電システムを全国展開する。実績は22年で約10000棟以上。また、産業用ソーラー、土地付き分譲ソーラーにも力を入れ大きな実績を上げている。

太陽光発電は環境に優しく、二酸化炭素370万kg、原油換算260万リットルの削減効果につながる。

三重県で最大級のメガソーラー発電所となる予定。


土地付き太陽光発電事業無料説明会

3/22(土)

14:00~16:30(受付13:30)

会場 : 和上住電株式会社 本社3F


とくとくショップが50kWの投資用土地付き太陽光発電事業についての無料説明会を開催します。利回り10%以上で、グリーン投資減税を使い、単年度で100%償却、法人税を0円に、また、新しい確実な投資先をお求めの企業様や投資家の方から大変人気のある商品でございます。


【お問い合わせ先】

和上住電株式会社

産業ソーラー事業部

〒555-0012 大阪府大阪市西淀川区御幣島6−17−4

電話 06-4808-8941 FAX 06-4808-8976

メールアドレス info@wajo.jp

http://wajo.jp

http://とくとく太陽光発電.com

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング