【脱かくれ老化(TM)プロジェクトPR事務局】“睡眠”に問題を抱える割合、「かくれ老化(TM)」該当者は1.7倍

PR TIMES / 2013年1月15日 18時20分

40~50代の約75%が陥っている「かくれ老化(TM)」
“睡眠”に問題を抱える割合、「かくれ老化(TM)」該当者は1.7倍
http://www.kakurerouka.com/



「脱かくれ老化(TM)プロジェクト」実行委員会では、2012年10月、40~50代の
「かくれ老化(TM)」該当者と健康な方の男女1,000名を対象に、「かくれ老化(TM)」と
睡眠に関するインターネット調査を実施いたしました。

「かくれ老化(TM)」とは、30代までは気にならなかった、カラダのさまざまな部位に
現れる変化のことを指します。細胞や組織の劣化から体の内部で静かに老化が
進行しておりますが、生活にはまだ大きな変化が現れないため、若干の自覚は
ありながらも具体的な対策を講じない方が多いのが現状です。
 
 当実行委員会では、超高齢化社会を迎えた日本の課題は、いつまでも自分らしく
生きられる健康寿命(日常的に介護を必要としないで、自立した生活ができる生存期間)を
延ばすことであると考えており、40~50代のうちから老化を認識していただくとともに、

「かくれ老化(TM)」から脱することの重要性を啓発する活動を行っております。


-----------------
調査の目的
-----------------
今回の調査リリースは、40代から50代の男女1000名を対象に、
「かくれ老化(TM)」と睡眠の相関関係を明らかにするために実施いたしました。


--------------------
調査結果概要
--------------------
■「かくれ老化(TM)」が、良質な睡眠を阻害
40~50代を対象に、眠れない日がある/睡眠が浅くなったと
感じるかを調査したところ、健康な方は30%が「あてはまる」
あるいは「ややあてはまる」と答えたのに対し、
かくれ老化(TM)該当者は52.2%もの方が同様に回答しており、
良質な睡眠が得られていない人は、健康な方に比べ、
かくれ老化(TM)該当者の方が、1.7倍以上も多いことが分かりました。

良質な睡眠は、体の疲れを取り、精神状態を正常化させるために非常に重要な役割を担っていますが、
「かくれ老化(TM)」該当者は、睡眠にも問題を抱えやすくなることが、今回の調査から明らかになりました。


--------------------
調査結果
--------------------
○調査対象と回収サンプル数
・40~59歳の男女1000名 (かくれ老化該当者 767名/健康な方 233名)
・健康な方・かくれ老化(TM)該当者の方の定義
-かくれ老化(TM)該当者の方 :かくれ老化(TM)のチェック項目のうち、該当するものが2つ以上の方
-健康な方 :かくれ老化(TM)のチェック項目のうち、該当するものが1つ以下の方
○調査地域 :全国
○調査方法  :インターネット調査(ネット調査会社の登録モニター活用)
○調査期間  :2012年10月10日(水)~10月15日(月)
○調査実施  :「脱かくれ老化(TM)プロジェクト」実行委員会

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング