1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

経皮吸収型疼痛治療剤「ワンデュロ(R)パッチ」慢性疼痛治療への適応追加 承認申請のお知らせ

PR TIMES / 2012年12月21日 19時40分

ヤンセンファーマ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:ブルース・グッドウィン、以下、「ヤンセン」)は、本日12月21日に、経皮吸収型疼痛治療剤「ワンデュロ(R)パッチ」(一般名:フェンタニル)について、中等度から高度の慢性疼痛における鎮痛を適応に追加する承認申請を行いました。

2012年12月21日

経皮吸収型疼痛治療剤「ワンデュロ(R)パッチ」
慢性疼痛治療への適応追加 承認申請のお知らせ

ヤンセンファーマ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:ブルース・グッドウィン、以下、「ヤンセン」)は、本日12月21日に、経皮吸収型疼痛治療剤「ワンデュロ(R)パッチ」(一般名:フェンタニル)について、中等度から高度の慢性疼痛における鎮痛を適応に追加する承認申請を行いました。

「ワンデュロ(R)パッチ」は、既に発売中の3日に1回貼付するタイプの「デュロテップ(R)MTパッチ」と同じく痛みをやわらげる有効成分(フェンタニル)を主成分とした、1日1回貼付タイプの経皮吸収型製剤です。今回の適応追加が承認されれば、各種癌における鎮痛と同様に、慢性疼痛の鎮痛にも1日1回貼付タイプの薬剤が選択肢に加わることになります。患者さんのニーズやライフスタイルに合わせた疼痛コントロールを実現させ、慢性疼痛に苦しむ患者さんのQOLを向上させることが期待できます。

適応 ワンデュロ(R)パッチ
(1日1回貼付) デュロテップ(R)MTパッチ
(3日1回貼付)
*中等度から高度の
慢性疼痛における鎮痛 適応追加 承認申請
2012年12月 発売中
(2010年1月適応追加)
*中等度から高度の疼痛を伴う各種癌における鎮痛 発売中
(2011年2月発売) 発売中
(2008年7月発売)
*非オピオイド鎮痛剤及び弱オピオイド鎮痛剤で治療困難な鎮痛(ただし、他のオピオイド鎮痛剤から切り替えて使用する場合に限る。)


我々ヤンセンは、現代においてもっとも重要な「いまだ満たされない医療ニーズ」への対応と解決に力を注いでいます。これには、がん、免疫疾患、中枢神経疾患、疼痛、感染症が含まれます。患者さんへの貢献という強い意思に基づき、革新的な製品、サービスを開発提供し、健康問題の解決に努め、世界中のひとびとを支援しています。ヤンセンファーマ株式会社は、ヤンセンファーマシューティカルカンパニーズのひとつです。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング