松本健一「アジア共同体形成」に関する連続セミナー 第5回「成長するインド:アジア共同体との連携と影響力」

PR TIMES / 2013年3月5日 9時29分

第5回のテーマは「インド」 ゲスト・パネリストは、石川 好(インドセンター会長理事)、渡辺喜宏(日本商工会議所日印経済委員会常設委員長)に決定

 一般財団法人アジア総合研究機構は、今月3月19日(火)に、松本健一連続セミナーの第5回目を麗澤大学東京研究センター(新宿アイランドビル4階)にて開催します。
 第5回目のテーマは「インド」。インドは12億人の消費市場を擁し、巨大な市場は今後長期間にわたって維持され、発展していくことが予想されています。2011年8月1日には「日本・インド包括的経済連携協定」が発効され、日印両国のより一層の経済関係の緊密化と、ビジネスチャンスの創出と拡大が期待されます。
 ゲスト・パネリストには、ノンフィクション作家であり、インドセンター会長理事として日印両国の関係強化を推進してきた石川好氏と、三菱東京UFJ銀行顧問で、日本商工会議所日印経済委員会常設委員長、国際通貨研究所 専務理事としても活躍されている渡辺喜宏氏のお二人をお迎えし、両国の関係を文化・歴史・宗教・経済等の多角的な観点から捉えつつ、日印両国のパートナーシップとアジア共同体形成との関わりを探ってまります。




一般財団法人アジア総合研究機構では、「アジア共同体」形成への理解を深めるための連続セミナーを、昨年10月より毎月1回開催しております。思想家・作家・評論家であり、当財団の評議員議長を務める松本健一先生が、毎回ゲスト2人とともに、アジアにおける政治・経済・社会、文化・文明、歴史、環境等をテーマに論点を整理する試みです。

第5回目となる今回は、世界経済の中でBRICsの一角として台頭してきたインドに焦点をあてます。
現時点でインドの国内総生産は日本の約3分の1に過ぎません。しかし、同国は12億人の消費市場を擁しており、この巨大な市場規模は今後長期間にわたって維持され、あるいは発展するであろうと予想されております。また、2011年8月1日には「日本・インド包括的経済連携協定」が発効されました。この協定は、貿易および投資の自由化・円滑化、知的財産の保護、競争政策の調和、ビジネス環境の整備など両国のより一層の経済関係の緊密化を図るもので、これによってビジネスチャンスの創出と拡大が期待されます。このような状況下、インドは日本にとって非常に魅力的で重要なパートナーとなり、さらに両国はアジア共同体形成に向けて重要な役割を果たし得ると期待されます。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング